OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

水の恵みと青空を満喫して

先日予定していた旅行を悪天候を理由にキャンセルしたため
晴れた日曜日の今日、リベンジとばかりに日帰りで山に繰り出した。
f0109601_21162450.jpg

沢伝いの道を突き進みひと山越えると、そこには気持ち良く開けた草原が広がっていた。
f0109601_21165594.jpg

ちょっと小休止。
ここ「小さな分水嶺(ぶんすいれい)」はこの碑を起点に、東側に降った雨は荒川の、
西側に降った雨は富士川の、南側に降った雨は多摩川の、それぞれの源流となる地点。
f0109601_21171584.jpg

分水嶺にて家族写真。はい、ポーズ。
左手後ろの雲間から顔を覗かせているのは富士山。
f0109601_2117344.jpg

分水嶺を越えて視界に飛び込んできたのは「笠取山」。
それまで意気揚々と歩んできた小春とあずきも、山の急斜度にぎょぎょっ。
f0109601_21175535.jpg

いざ、頂を目指して!
f0109601_21181418.jpg

山頂に近づくにつれ、登山道の斜度が徐々に険しくなってくる。
雲も手が届くほどに感じられる距離に。あずきさん「ちゃんと付いてきてる?」
f0109601_21183560.jpg

山の見晴し台に登頂。登山口から登頂までの時間は約3時間。
実は本当の山頂はここよりちょっと先にあるけれど、こちらでの眺望が抜群なのでパチリ。
f0109601_21185417.jpg

山の南西に位置する甲州市方面を背にしてもう一度全員揃って、はいポーズ。
ちなみにここ笠取山の北壁には、2ヶ月ほど前にニュースで話題となったブドウ沢が流れる。
f0109601_2119897.jpg

さてそろそろ山頂(1,953m)を目指しますか。
そこへ別の登山者の方から「ここから先はわんちゃんにはキツいですよ」とのご忠告。
どれどれどんなもんか覗いてみましょう。げげッ、こりゃ無理だわ。
f0109601_2119226.jpg

わんこ連れの鉄則、汚さず、無理せず、迷惑をかけず。
森林浴を楽しみにながら下山することにしよう。
f0109601_2233815.jpg

森林浴のみならず、沢のせせらぎが心地よい。沢伝いにミズナラ林の急坂を下りて行く。
f0109601_2120409.jpg

おまけ。山の中でシカと遭遇。咄嗟の出来事にうまく撮れなかったのが残念。
f0109601_21205186.jpg

帰宅したら小春もあずきも森の香りが残っていたよ。
[PR]
by shibakoharu | 2010-09-26 22:38 | Day Trip