OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:那須旅行( 3 )

雪景色と柴犬

思いがけない雪―。
f0109601_1435241.jpg

紅葉見物を一番の目的にしたはずの旅行の最終日に、まさかの雪景色。

朝、自分達の朝食を終えるとすぐに外で遊びたいとせがんだくせに
いざ宿のドッグランに出たら「寒いッ!」とばかりに部屋に戻ろうとする小春とあずき。
f0109601_1442410.jpg

朝8時、宿の一階にある食堂で朝食タイム。
ハロハロの女将さんは、朝食メニュー以外にも那須の土地にちなんだ話題を提供してくれる。
チェックアウトした後の行動に迷う時など、その情報がとても助かる。

和食、洋食のいずれかを選べる朝食は、こあ兄もこあ姉も和食を選択。
実はこの二泊三日の旅行で食べた食事の中で、この朝食に出た焼き鮭が一番美味しかった。
いや今回の、と言うよりもこんなに激ウマな焼き鮭は生まれて初めてかも知れない。
f0109601_1444319.jpg

女将さんからの情報も参考にしてチェックアウト後は
宿から車で30分も離れていない「マウントジーンズ スキーリゾート那須」へ。
f0109601_1451082.jpg

11月8日まで営業する展望ゴンドラ。
有料だけれどわんこも一緒にロープウェイ(ゴンドラ)に乗ることができます。
f0109601_1452535.jpg

小春とあずきもロープウェイ初体験。
f0109601_1453052.jpg

標高1,417mのゴンドラ山頂に到着。見渡す限りの銀世界に大興奮!
f0109601_1454145.jpg

昨日遊べなかった鬱憤晴らし!
f0109601_1454764.jpg

空気が澄んでます。
f0109601_146333.jpg

小春だって雪の上ならハシャギます。
f0109601_148328.jpg

喉が渇けば?雪だって食べちゃいます。
f0109601_1484031.jpg

食べ過ぎてムセないでください。
f0109601_1484944.jpg

雪の上の赤柴って似合うもんなんだね。
f0109601_149091.jpg

銀世界の中のあずき。
f0109601_1491098.jpg

銀世界の中の小春。
f0109601_1491659.jpg

朝のドッグランでは寒がってたくせに?自然の中では常にテンションの高かった小春とあずき。
f0109601_1492732.jpg

こんなにも喜んでくれるんなら、この冬も何処か雪のある場所に連れて行ってもいいかもね。
昼前の11時に出発したら、東京の自宅には1時半に着いちゃった。2時間半でこんな銀世界に行けるんだね。

紅葉と雪景色、ふたつの季節を堪能できた那須への旅行となったこはずき家なのでした。
[PR]
by shibakoharu | 2009-11-03 23:42 | 那須旅行

ハロハロ inn 那須

IMAGINE DOGSで迎える朝。
よその騒々しいわんこの様子が懸念されたけれど(毒)、幸い夜は静かで朝までぐっすり休むことができた。
昨夜入ったのとはまた別の浴室に入ってみたけれど、なんかラブホテルのお風呂みたいでちょっと・・・・。(猛毒)
f0109601_0245472.jpg

・・・・と、宿泊客の質、夕食のメニュー、お風呂の内装などに毒を吐いたけれど
宿の持つドッグランの広さという点で、このIMAGINE DOGSのドッグランは秀逸だ。
f0109601_02595.jpg

おや、ふたりとも歯を剥き出していらいらモード?
f0109601_0253526.jpg

あずきの“威嚇顔”は、小春のそれに比べれば何倍も可愛いもんだ。
f0109601_0254298.jpg

朝8時半に朝食タイム。ゆうべの夕食にも増して朝からボリューム満点のメニュー。
パンはふたり分で実に24個も用意されました。(はい、思わず数えちゃいましたよ)
余ったパンはテーブルに用意されたビニール袋に入れて持ち帰ることができます。
f0109601_0255822.jpg

朝10時過ぎにチェックアウト。
ところが朝まで太陽を拝めたというのに、出かける頃になって雨が降り出してきた。
毒を吐き過ぎた罰かな。しょうがない、とりあえずは日光までドライブしてみよう。
東照宮も紅葉の見頃を迎えている。けれど雨模様のため車から降りずに車窓からその様子を見物。
f0109601_0261525.jpg

龍王峡にやってきても雨足は衰えず。
紅葉が見頃なはずなのに、龍王峡の参道入口付近も閑散としたものだった。
f0109601_0262471.jpg

ならば仕方が無い。昨日に続いてのんびりと日塩もみじラインをドライブして、早々に宿に戻るとしよう。
いつもは後部席に陣取る小春も、今日ばかりは助手席から紅葉見物を志願?
f0109601_0264979.jpg

龍王峡から塩原に向けて日塩もみじラインを北上する。
この時期のもみじラインは、北側の塩原付近に比べ南側の龍王峡側の方が「赤い紅葉」を臨める。
f0109601_027734.jpg

これだけ紅葉が見頃だというのに、雨模様ともなるとまるで観光客の車とすれ違わない。
f0109601_0271563.jpg

小春姉さんも紅葉ドライブを満喫できた、かな?
f0109601_0272274.jpg

こはずき家の旅行でこれだけ雨に祟られるのも珍しい。せっかくの旅行二日目を不完全燃焼で終えるも、
雨に打たれてより彩り深い紅葉を拝められたことが、せめてもの救いと言ったところか。
f0109601_0272915.jpg

こちらは車に乗ることが好きとは言え、外で遊べず不満たらたらな?小春。
f0109601_027495.jpg

今宵お世話になるのは、IMAGINE DOGSに程近い場所に位置する「ハロハロ inn 那須」。
まだこのブログを始める前の2005年の秋に行って以来4年ぶりの訪問となった。

夜6時半に夕食タイム。
昨日宿泊した宿に比べ、ボリュームこそ多くは無くともこれだけでもお腹いっぱい。
f0109601_0282154.jpg

デザートのケーキの下にはト音記号が。こういうところが可愛らしいね。
f0109601_0283188.jpg

今日は午前中からほとんど止むことのなかった雨。
そんな雨が夜更け過ぎになって雪へと変わりつつある。
f0109601_0284710.jpg

天気予報でも明日は寒くなるとは言っていたけれど、ついに那須でも今年の初雪となった―。
[PR]
by shibakoharu | 2009-11-02 22:23 | 那須旅行

IMAGINE DOGS

日本人は桜と紅葉に何故にしてこうも魅せられるのだろう。
こはずき家も典型的な日本人と日本犬。今日から二泊三日で北関東に紅葉を求めて塩原に出かけた。
f0109601_22454121.jpg

ここ塩原渓谷は、初心者向けから健脚者(上級者)向けまで様々なハイキングコースがある。
こはずき家は幾つもあるコースの中から、一般向けコースとされる「前山コース」を選択した。写真後ろに見えるのは「仙人岩吊橋」。
f0109601_22461555.jpg

その仙人岩吊橋の下に流れる鹿股川の河川敷に下りてみる。
塩原渓谷が今のこの時期、紅葉の見頃だというのは嘘ではなかった。
f0109601_22464752.jpg

いつにも増して胸をしっかり張るあずきと、それを見つめる小春。
f0109601_2247773.jpg

はい、ふたり揃ってしっかり胸を張ってー。
f0109601_22471945.jpg

塩原渓谷の紅葉を満喫した後、日塩もみじラインを南下して「ハンターマウンテン塩原」へ。
f0109601_22473134.jpg

ハンターマウンテン塩原は冬季はスキー場になる・・・・というより、
元々はスキー場がメインなので、オフシーズンもこうしてオープンしているとは知らなかった。
f0109601_22474187.jpg

ドッグランがあるわけではないけれど、わんこと戯れるには芝が気持ちいい。
こあ兄のお腹に乗りいじくられてご満悦な?あずき。
f0109601_22475152.jpg

それを羨ましそうに眺める小春。でもこの目に騙されてはいけません。
同じことを小春もやってあげようとすると思いきり怒られます、間違いなく。
f0109601_2248079.jpg

今日から11月だというのに、Tシャツ一枚でも大丈夫なくらいに暖かなハンターマウンテン塩原。
天候に恵まれれば、青い空と褐色の木々そして芝の香りに自然を満喫することができる。
f0109601_22481185.jpg

さて、日塩もみじラインを戻って那須に向かおう。

紅葉と小春。
f0109601_22484835.jpg

紅葉とあずき。
f0109601_22492088.jpg

そして紅葉をバックに小春とあずきのツーショット。すっかり紅葉馬鹿と化すこあ兄。
f0109601_22493352.jpg

今宵お世話になるのは那須にある「IMAGINE DOGS (イマジン・ドッグス)」。
隣接するベーカリー&カフェの「PENNY PAIN (ペニー・レイン)」とは同じ系列。
名前からピーンと来る人もいるかと思うけれど、オーナーさんがビートルズ好きなんだね。
f0109601_22494898.jpg

ラウンジ・スペースもそうであるように、館内全体が欧風の調度品などで落ち着いた雰囲気を醸し出している。
ただし、その雰囲気に相反して宿泊客が増えるにつれて館内が騒々しくなる。
ここIMAGINE DOGSは他の一般的なペンションと違って、館内全てノーリードOK。
全てのわんこが行儀が良ければ問題ないけれど、
あまり犬馴れしていないわんこがノーリード天国にやってきて静かなわけがない。
f0109601_2249584.jpg

案内されたのは一階にある105号室。
ラウンジに近い部屋ということもあって、ラウンジで騒ぎが起きる度に小春もあずきも落ち着かない。
f0109601_22502287.jpg

夜7時に夕食タイム。とにかくボリュームが半端ではない。
(たまたまだけど)宿泊客のそのほとんどが中高年なのに対し、食事内容は比較的「若向き」。
メインの肉料理には骨付きのラム肉が。ラム肉が“ごめんなさい”なこあ兄とこあ姉にはちと辛かった。
f0109601_22503331.jpg

浴室は部屋風呂の他に、貸切(家族)風呂が計三つ用意されている。
うち二つの浴室は風呂場の中までわんこOKという変り種。(もちろん人用の湯船はわんこNGだけど)
f0109601_22504846.jpg

某ペット宿ネット・ランキングにて2006年度と2007年度にグランプリに輝いたこの宿。
お風呂も含めて館内全てノーリードOKという条件は、宿泊するよその犬の質に正直左右される。
ノーリードOKが当たり前という飼い主は、大概きちんとした躾が出来ていないケースが多い。
しかもそういう飼い主って何故か中高年が多い。宿の受け入れ態勢は◎なんだけどねー。
[PR]
by shibakoharu | 2009-11-01 22:45 | 那須旅行