OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:長崎旅行( 1 )

Bon Voyage!

2013年が明けました。今年も当ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。
昨年末から新年にかけて、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で主演を務めたアーティストのカウントダウン・ライブを
ステージ前最前列で観覧できた今年の幕開け。年明け早々運を使い果たしていないかちょっと心配だったり。

その後この正月はこあ姉の実家への新年のご挨拶も兼ねて長崎まで帰省して参りました。
f0109601_9205679.jpg

二泊三日の帰省中、西海国立公園の景勝地九十九島を遊覧船によるクルーズで堪能。
208を数える九十九島を廻る約50分の旅。これは“ライオンが寝そべっている姿に見える”と言われる横島。
f0109601_9211245.jpg

九十九島の島々の形をモチーフにしたかのような雲と島々がまるでシンメトリー。
f0109601_9212341.jpg

ちなみに208を数えるこの九十九島。
島として数えられる条件は満潮時に水面から出ていることと、陸部に植物が生えていることだそう。
f0109601_9213417.jpg

南九十九島のシンボル的存在の松浦島(まつらじま)にはいくつも深い入り江がある。
入り江の奥まったところは波の立つ気配もなく静寂そのもの。ここで遊覧船はUターン。
f0109601_9215236.jpg

遊覧船の最後方から。旗の下に二本のクロマツが突き出て潜水艦のようにも見えるのはオジカ瀬。
数ある九十九島の島々の中でも比較的特徴的な形をしているのですぐに見つけられるはず。
f0109601_922428.jpg

美しいのは島々の景観だけではありません。
西海国立公園内には湘南(神奈川)や九十九里(千葉)で見ることのないベージュ色の浜が広がります。
f0109601_922166.jpg

まさに南国の浜。サラサラな砂!
f0109601_9222469.jpg

石岳(いしだけ)展望台から望む九十九島。映画「ラストサムライ」でのワンシーンにも使用されたそう。
f0109601_9223667.jpg

展海峰から望む、日本の代表的風景として世界に紹介された九十九島の夕景。“美しい日本”の景色のひとつに数えられますね。
f0109601_9224550.jpg

今年新たな船出となるこあ兄(私)にとっても皆様にとっても良い航海となる一年になることを願って。

そういや小春とあずきは?
[PR]
by shibakoharu | 2013-01-05 16:31 | 長崎旅行