OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

雨の土曜日。
今日は一日中、家の中で待ったりモードな小春とあずき。

夕方になって佐川急便の配達のお兄さんが、“あるもの”を配達しに来てくれた。
配達してくれたのはあずき御用達の「phコントロール」と、小春御用達の「c/d」。
f0109601_21433154.jpg

ふたりとも膀胱炎を予防すべく、尿結晶を予防する療養食を食している。
先日ペットショップで“定価”で購入したことに後悔したこはずき家
一度購入したフードを無理言って返品した上で
先日インターネットで今回配達してもらったフードを注文した。

ペットショップで購入すると、kgあたり1,600円から1,700円するのに対し
ネットで購入すると、kgあたり950円から970円程度で購入することができた。
(もっともペットショップの店頭ではこれほど大きいフードは陳列されていないけれど)

物価の高騰が騒がれる昨今なだけに、君たちも節約に協力してくれたまえ。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-31 21:57 | きょうの柴娘

赤みの原因は

最近、友達のわんこの中でカイカイが始まったって話しを方々で聞く。
実を言うとあずきも若干口元が赤くなっている。
ほとんど目立たないんだけれど、あごを下から覗くと多少赤みを帯びている。
f0109601_21351372.jpg

因果関係はわからないけれど、ここ最近散歩中のあずきが
やけに草むらを敬遠するようになってきた。
もしかしたら口元の赤みの原因は、草むらの何かに起因するのかも知れない。
当分はあずきの希望通り、散歩中に草むらに入るのは避けることにしよう。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-30 23:34 | きょうの柴娘

パブロフの犬

先日の伊豆旅行では、こあ兄達の食事中におとなしく待っていた小春とあずき。
以前だったらもう少し行儀の悪かった小春も、最近ではだいぶ落ち着いてきた。

しかしその小春の行儀の悪さは、本人の意思というよりも
こあ兄の甘やかしが原因であることは否めない。
f0109601_22403175.jpg

こはずき家では夕飯時に残ったご飯を、茶碗やラップにくるんで保存するんだけれど
その際しゃもじに付いたわずかなご飯を小春とあずきに食べさせる風習がある。
というか、こあ兄が勝手に小春達に与えちゃうんだけれどね。

だからこあ兄達の夕飯時、小春もあずきもおとなしくしていても
夕飯が終わる頃になると、特に小春は急にそわそわしだす。
夕飯が終わる=片付ける=余ったご飯を移し変える=ご飯をもらえる
っていう流れを読んでいるんだよね。これぞまさに「パブロフの犬」!
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-29 23:15 | 犬トーク

平々凡々

またいつもの生活に戻っちゃった。
f0109601_12212974.jpg

つまらない・・・・・。
f0109601_12214093.jpg

いや、そんなんじゃなくって
きっと普段の生活に戻って安心している表情なんだね。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-28 23:43 | きょうの柴娘

伊豆高原 旅行後記

今回のお泊り旅行での大きな収穫のひとつ。
それがこあ兄達=人の食事中の時の、小春とあずきの行儀。

以前、軽井沢にあるペンションに宿泊した際、(当時はまだあずきの生まれる前で、小春のみを連れて行った)
宿で食事しているこあ兄に対して、小春が「おこぼれちょうだい」的に催促して恥ずかしい思いをしたことがあった。
f0109601_7363429.jpg

ところが今回の旅行ではあずきはもちろんのこと、小春も終始落ち着いていて
人の食べるものを、物欲しそうな目で見つめるような行為をほとんどしなかった。
f0109601_7364375.jpg

家の中だけでわんこと接していると、ついつい甘くなっちゃうところがあったけれど
公の場に出るようになるとよそのわんこの行儀良さを目の前にして、襟元を正す気持ちが芽生える。

小春やあずきよりも行儀の良いわんこなんて、他にも五万と居るけれど
こうして公の場でもおとなしくできるよう躾するのは、飼い主としての当然のマナーかも知れないね。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-26 23:36 | 伊豆・箱根旅行

伊豆高原旅行記 最終日

今日は伊豆高原旅行の最終日。
と言いつつも、昨日の午後から降り続く雨が止む気配も見せず、
今日は何処へも遊びに出かけずに、チェックアウトしたら一路帰路に向かうことに。

こはずき家は今まで“雨の中でのお出かけ”というのがほとんど無かったので
そういう観点で言うと今回の旅行はイマイチだったかも知れない。
f0109601_220345.jpgf0109601_2204915.jpg
















ただ今回の旅行では、たまたま同宿した他のわんちゃんに比べ
小春もあずきも終始“良い子”にしてくれたこと、
そして人は客室露天風呂を堪能できたという点で、今までには無かった充実感を味わえることができた。
f0109601_2212036.jpgf0109601_2214230.jpg
















実はこのペンションの「客室露天風呂」という設備が、わんこには安心材料なのかも知れない。
他のペンションなどでは飼い主が貸切風呂に入っている間、犬は脱衣所で待っているっていうのがあるけれど
「客室露天風呂」だと、そこそこ慣れた環境=宿泊する部屋に居ながら
飼い主がお風呂に入っているのが見えるというのが安心するんじゃないかな、って考えてしまった。

朝9時ちょうどにチェックアウトして、昼の12時には帰宅できる距離っていうのも魅力のひとつだし。
よし、今度は誰かわんこ友達を誘って再びここのペンションに泊まりに行こう。
どなたか、こはずき家と一緒にお泊りで遊びに行きませんか。(笑)
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-25 23:20 | 伊豆・箱根旅行

伊豆高原旅行記 二日目

旅行二日目。朝5時半くらいに目が覚めた。
今日はこあ兄とこあ姉の結婚記念日でもある。去年の今頃は太郎の里親さん探しでそれどころではなかったっけ。
天気予報では今日は天気が悪くなると話していたけれど、
窓を開けて空模様を眺めると、雲は多めだけれど清々しい青空が広がっていた。
昨日、夕方と夜半に合計二回入った露天風呂に、朝から首まで浸かってみた。
f0109601_0515189.jpgf0109601_052892.jpg





















朝の天気予報を見ても、午後からの悪天候の予報は変わらなかった。
今日の遊びは午前中勝負だと意気込んで、「伊豆高原ドッグフォレスト/いぬともドッグフィールド」に出かける。
f0109601_0523616.jpgf0109601_0524884.jpg
















ここ「いぬともドッグフィールド」のドッグランは、そのほとんどが砂地。
こあ兄達が空模様を心配するのをよそ目に、逃げるあずきに追う小春。
f0109601_0545555.jpg

気づくといつの間にか、追う側と逃げる側が入れ替わっている。
“有料”のドッグランに来て、これだけ走ってくれたらこあ兄達も文句は無いよ!
f0109601_05594.jpg

そう言えば最近、城北中央公園のドッグランでこんなに走るふたりをあまり見なかったかもな。
f0109601_056245.jpgf0109601_0561544.jpg
















他にもわんちゃんが遊びに来ているというのに、やっぱりふたり仲良いんだね。
f0109601_0565537.jpg

お決まりの、小春姉ちゃんの首元を甘噛みするあずき。
f0109601_057624.jpg

小春とあずきを抱っこしてこはずき家一同、記念撮影の図。はい、小春もあずきも笑顔でよく撮れました~。
f0109601_058085.jpg

思っていたよりも天候の下り方が遅く、思う存分ドッグランで遊べた小春とあずき。
ドッグフォレスト内にある噴水の前で写真を撮ることもできた。
f0109601_0581271.jpg

今日のランチは、このドッグフォレストから車で数分の所に位置する「Kenny's House Cafe」にて。
f0109601_103335.jpg

店頭の看板にもあるように、犬連れ人は中庭のテラス席に通される。
空模様が気になるけれど、中庭には大きなパラソルが広がっていてとりあえずは心配無し、ってところかな。
f0109601_104481.jpgf0109601_105590.jpg
















こあ兄は欧風のカレーランチ、こあ姉はビーフシチューを注文。
食事を終えて、さて店を出ようかと思った昼の2時過ぎになって、空からぽつりぽつりと雨粒が降ってきた。
f0109601_112426.jpgf0109601_113757.jpg
















2時半頃「アニマーレ プレミアム」に戻るとオーナーさんが出てきて、
連泊していることもあって、チェックインの昼の3時前に部屋に入れさせてもらった。
部屋に戻ると記憶でも失ったかのように爆睡する小春とあずき。この寝顔がまたたまらない。
f0109601_1353464.jpgf0109601_1354761.jpg
















今日の夕食のメニュー。鴨のローストのサラダと、ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)。
f0109601_1364246.jpgf0109601_1365593.jpg
















金目鯛の煮付け。その他、メインの前にシャーベットが出てきたけれど写真を撮り忘れてしまった。
f0109601_137943.jpg

メインのイベリコ豚のステーキ、そして山桃、レアチーズケーキ、エスプレッソのアイスの組み合わせ。
昨日食べた和牛のステーキも美味しかったけれど、このイベリコ豚の味は格別だった!
f0109601_1372176.jpgf0109601_1373340.jpg
















宿に戻って来てから夕方に一回、そして夜9時過ぎにも一回露天風呂に浸かった。
お酒も飲んで気持ちよくベッドに潜り込んでウトウトし始めていると、何かがポタポタと垂れる音がする。
一瞬、小春かあずきがおしっこでも漏らしたのか?と思ったが事態はそんなものではなかった。
むしろ犬がおしっこを漏らすくらいのほうが何倍も良かったことだろう。
よくよく音の出所を見上げると、天井から水が落ちてきているではないか!
最初は雨漏りか?と思ったけれど、実は階上の部屋の露天風呂が溢れるトラブルが発生。
そのため急遽夜11時過ぎになって、空いている別の部屋に移動することになった。

トラブルの原因について詳細はわからないけれど、どうも階上の部屋に泊まっていた飼い主さんが
連れて来ていたコーギーちゃんをお風呂に入れて、その抜け毛が排水溝を塞いだことが一因のようでもあるとのこと。
今回の旅行は水(温泉)を楽しんで、水(雨)に文字通り水を差され、そして水(温泉)のトラブルにも見舞われる事態となった。

さて明日は旅行の最終日だけれど、この水のトラブルから逃げることにしよう。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-24 23:48 | 伊豆・箱根旅行

伊豆高原旅行記 一日目

今日から二泊三日で伊豆高原へお泊り旅行。
小春とあずきにとって、伊豆という地は初めて行くエリアとなる。
伊豆まで道のりは決して近くはないので
車酔いがまだまだ心配なあずきのためにも、有料道路を優先して行くことにした。

まずは箱根ターンパイク(現:TOYO TIRES ターンパイク)を経由して、伊豆へ向かうこはずき家一行。
f0109601_2319104.jpgf0109601_23191931.jpg
















ターンパイクを抜けて、次なる伊豆スカイラインを抜けて行く。
週末はあまり天気が良さそうではないけれど、今日は好天に恵まれ小春もあずきもご機嫌!
f0109601_23193231.jpgf0109601_23194023.jpg




















お昼ちょうどに伊豆高原に到着。
今日のランチはイタリアン・レストランの「IL COVO (イル・コーヴォ)」にて。
店は閑静な場所に位置して地味な外観をしている反面、店内は洒落た雰囲気に包まれていた。
前菜の「黒むつのサラダ」と、こあ兄はカルボナーラ、こあ姉はアラビアータを注文した。
f0109601_2320126.jpgf0109601_232099.jpg
















昼食を済ませた後、レストランから車で数分の所に位置する大室山へと向かう。
大室山へは、小春達がまだ生まれる前の2003年5月に遊びに行って以来となる。
f0109601_23211634.jpgf0109601_23212862.jpg
















ペアリフトに乗るとすぐにカメラマンに記念撮影を受けることに。その出来というのがこんな感じ。
f0109601_23244360.jpg

リフトで大室山を上る小春とあずき。
対抗する下りのリフトを眺める余裕のあるあずきに対し、必死にこあ兄につかまる小春はかなりの緊張気味?
f0109601_23251064.jpgf0109601_23252771.jpg





















大室山の山頂に登頂。天気も気分も最高!
f0109601_23272651.jpg

山頂の芝の上で暫しのリラックス・タイム。山頂には20~30分で一周できる遊歩道がある。
f0109601_23274999.jpgf0109601_23275961.jpg
















遊歩道を周遊した後、さっき上ってきたリフトに乗って今度は下る小春とあずき。
上りに比べて下りは高さを実感する分、スリル満点!
f0109601_23282873.jpgf0109601_2328392.jpg
















上りの時よりも、更に緊張感の増す小春。顔にあたる風が気持ち良いだろ~?
f0109601_23291475.jpg

リフトを降りると、大室山の麓に位置するドッグラン「ドッグヤード」に向かうこはずき家。
f0109601_23293214.jpgf0109601_23294166.jpg
















自由のきかないリフトの上から開放されて、緑のドッグランにホッとしたのか笑顔がこぼれる小春!
f0109601_23305273.jpg

昼間だというのに平日のせいか、天気が良いというのにランを貸切状態で遊べた小春とあずき。
f0109601_2331191.jpg

ドッグランでひとしきり遊んだ後、今日からお世話になる宿へと向かう。
このプチホテル「アニマーレ プレミアム」は、昨年2007年8月にオープンしたペンション。f0109601_23313482.jpgf0109601_23314658.jpg





















ここのペンションの最大のポイントは、何と言っても各客室に設けられている「客室露天風呂」。
露天風呂は檜(ひのき)、岩、信楽焼の陶器の三種類があって、こはずき家の泊まる部屋には陶器の露天風呂が。

露天風呂からの眺めを誰よりも先にチェックする小春。こういうところはなかなかふてぶてしい。
f0109601_2332695.jpgf0109601_23321557.jpg
















かすんでいなければ相模湾の先に大島を臨むこともできるようだけれど
この日は残念ながら綺麗な海を眺めることはできず。
f0109601_23341970.jpgf0109601_23342929.jpg
















夕方6時を迎えると、旅の楽しみのひとつ。宿の夕食。
まずはここに来て伊豆高原ビールとベタな注文をするこあ兄。こあ姉は赤ワインを注文。
f0109601_0295638.jpgf0109601_0301231.jpg





















今夜のメニューは、生ハムとサーモンのサラダと、ミネストローネ。
f0109601_23345581.jpgf0109601_2335550.jpg
















金目鯛の香草焼きと、マンゴーの冷製スープ。
f0109601_23351611.jpgf0109601_23352591.jpg
















メインの和牛のステーキと、豆乳のパンナコッタ黒蜜かけ、チョコレートのケーキ、カシスのアイスの組み合わせ。
f0109601_23353499.jpgf0109601_23354525.jpg
















どうも明日は午後から天気が下り坂だという。
せっかくの旅行だけれど、明日はどうやら午前中が勝負のようだね。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-23 23:18 | 伊豆・箱根旅行

明日から伊豆体験

明日から二泊三日で伊豆高原へ旅行。
なのに現地のこの週末の天気予報はあまり芳しくない。
こはずき家は自称「晴れ家族」のはずなのに?どうやらそのジンクスが破られそうだ。
f0109601_61516100.jpg

前回は昨年11月に軽井沢に行って以来なので、ちょうど半年ぶりのお泊りとなる。
二泊ともなると時間的にはそれなりに余裕はあるけれど
晴れの時間帯を縫うようにして遊びに行かなくちゃならない。

今回泊まる宿には、前回泊まった所のような併設のドッグランがなく
その代わりに「客室露天風呂」が付いているという点からもわかるように
宿に関しては“犬中心”ではなく、“人中心”にしてチョイスさせてもらった。
その分、遊びに行くところはやっぱりドッグランが中心になるだろうね。
ドッグランでいっぱい走ってくれると良いんだけれどな。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-22 23:14 | 犬トーク

雨多すぎ!

今年の春は何故こんなにも雨が多いんだろう。
昨日のことだけれど、朝から台風のように強風を伴なった雨に足元をすくわれた。
昨日ほどひどい雨だと、さすがに朝の散歩を敬遠してしまう。
f0109601_781935.jpg

6月に入れば当然、梅雨がやって来るわけだけれど
梅雨を前に既に梅雨にでも入ったかのような、蒸し蒸しした陽気には正直参る。
来月になって梅雨に入ると、ジメジメした中散歩に行くのはちょっと憂鬱だけれど仕方ないもんね。

こんな時は屋根付きのドッグランが近くないかな、ってついつい贅沢なことを考えちゃうよ!
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-21 23:07 | よもやま話し