OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年賀素材を求めて

天候に恵まれたこの秋最後の連休を利用して、年賀状用素材を撮りに一泊二日で富士まで足を延ばしてみました。
f0109601_20201013.jpg

富士山を臨める高台には、晩秋の富士を臨みに多くの登山客が訪れていました。
f0109601_20202982.jpg

セルフタイマーで撮るとなかなか皆が揃って正面を見ることができません(笑)
f0109601_20204337.jpg

一晩休んだ翌朝、早朝の忍野八海に向かうことに。
忍野八海に向かう途中に出会った山中湖の風景は幻想的でさえありました。
f0109601_20205566.jpg

早朝の忍野八海にて。まだ観光客はほとんどいません。
f0109601_20211166.jpg

これはこれでなんだか面白い写真が撮れました。ちなみに見事にそっぽ向いてるのは誰でしょう?
f0109601_20212456.jpg

今回お世話になったペット宿ではもーちゃんというこのわんこをはじめ、2匹のわんこと1匹の仔猫が迎えてくれました。
f0109601_20213525.jpg

んー、紅葉にはちょっと遅かった!
f0109601_20215297.jpg

あずきはカメラを前ににっこり。
f0109601_2022461.jpg

最近は年賀状を出さない人もずいぶん増えたみたいだけど、今でも年賀状を出す我が家。
さて今回作成する年賀状にはどの写真を使おうっかな?
[PR]
by shibakoharu | 2013-11-24 21:18 | 富士周辺旅行

紅葉の昇仙峡 2013

11月17日、紅葉シーズン真っ只中にある御岳昇仙峡に行ってきました。
f0109601_1719482.jpg

朝7時過ぎにここ昇仙峡を象徴する覚円峰に到着。でも朝早過ぎてなんだか寒々しい風景。
朝早いと観光客がまばらなのは良いけれど写真的にはイマイチだね〜。
f0109601_17195620.jpg

紅葉の色づきは一番の見頃時期でした。
f0109601_17354081.jpg

お決まりのいたずら。
f0109601_17201495.jpg

紅葉が見事なはずの天鼓林(てんこりん)の紅葉は少し最盛期を過ぎていました。
f0109601_17212861.jpg

早朝から歩かされてご機嫌斜めな?小春と、いつもこあ兄たちの様子を伺うあずき。
f0109601_17214985.jpg

昇仙峡を覆う森にも徐々に陽が射してきました。
f0109601_1723117.jpg

まだ観光客があまりいません。
f0109601_1723512.jpg

今回の昇仙峡訪問の中で一番紅葉を気持ち良く感じた羅漢寺(らかんじ)にて。
f0109601_1724361.jpg

紅葉こそ無いけれど石門の景観は見事に一言に尽きます。
f0109601_17242616.jpg

日本が誇る美しい渓谷の風景の一場面でした。
f0109601_17245192.jpg

陽が昇り、陽光が園内の紅葉をより一層美しく映えさせる頃になると観光客が多くやってきました。
f0109601_17251825.jpg

ちなみに小春さん、昇仙峡の沿道を闊歩するトテ馬車がどうも苦手なようで。
f0109601_17253086.jpg

週末に天候に恵まれない週が続いていたけれど、この日は見事な快晴の下紅葉見物ができました。
f0109601_172541100.jpg

たまには心も身体もリフレッシュしなきゃね。
[PR]
by shibakoharu | 2013-11-17 22:17 | Day Trip

休眠状態

んー、最後にブログを更新してから早3ヶ月が過ぎてしまった。
f0109601_21492246.jpg

ブログ主である私はこの間、日帰り手術をしたり高速道路で事故ったりと散々な目に遭っていましたが
f0109601_21493442.jpg

幸い我が家の柴娘たちは病気にかかることも全くなく元気いっぱいです。

このブログも以前は日記のような感覚で更新していましたが、ネットを取り巻く環境が日々変化して行く中、
自分も今ではブログ以外のSNSの更新が日課となっております。とりあえずは今後また気が向いた時にでも更新するとは思います。
[PR]
by shibakoharu | 2013-11-17 17:08 | よもやま話し