OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:登山・渓流散策 ( 22 ) タグの人気記事

銀世界を満喫

青天の下の銀世界へ。
f0109601_22002349.jpg


気温は優に氷点下を下回っているけれど、陽射しが暖かくも感じます。
f0109601_22004240.jpg


家族揃って、はいポーズ。
f0109601_22004083.jpg


あずきさん、尻尾下がってます。
f0109601_22004739.jpg


小春さんは悟りでも開いているのか。
f0109601_22004969.jpg


青と白だけの世界。
f0109601_22004492.jpg


日本の美しい四季のひとつ「冬」を堪能。

[PR]
by shibakoharu | 2015-01-12 22:00 | 軽井沢旅行

年賀素材を求めて

天候に恵まれたこの秋最後の連休を利用して、年賀状用素材を撮りに一泊二日で富士まで足を延ばしてみました。
f0109601_20201013.jpg

富士山を臨める高台には、晩秋の富士を臨みに多くの登山客が訪れていました。
f0109601_20202982.jpg

セルフタイマーで撮るとなかなか皆が揃って正面を見ることができません(笑)
f0109601_20204337.jpg

一晩休んだ翌朝、早朝の忍野八海に向かうことに。
忍野八海に向かう途中に出会った山中湖の風景は幻想的でさえありました。
f0109601_20205566.jpg

早朝の忍野八海にて。まだ観光客はほとんどいません。
f0109601_20211166.jpg

これはこれでなんだか面白い写真が撮れました。ちなみに見事にそっぽ向いてるのは誰でしょう?
f0109601_20212456.jpg

今回お世話になったペット宿ではもーちゃんというこのわんこをはじめ、2匹のわんこと1匹の仔猫が迎えてくれました。
f0109601_20213525.jpg

んー、紅葉にはちょっと遅かった!
f0109601_20215297.jpg

あずきはカメラを前ににっこり。
f0109601_2022461.jpg

最近は年賀状を出さない人もずいぶん増えたみたいだけど、今でも年賀状を出す我が家。
さて今回作成する年賀状にはどの写真を使おうっかな?
[PR]
by shibakoharu | 2013-11-24 21:18 | 富士周辺旅行

紅葉の昇仙峡 2013

11月17日、紅葉シーズン真っ只中にある御岳昇仙峡に行ってきました。
f0109601_1719482.jpg

朝7時過ぎにここ昇仙峡を象徴する覚円峰に到着。でも朝早過ぎてなんだか寒々しい風景。
朝早いと観光客がまばらなのは良いけれど写真的にはイマイチだね〜。
f0109601_17195620.jpg

紅葉の色づきは一番の見頃時期でした。
f0109601_17354081.jpg

お決まりのいたずら。
f0109601_17201495.jpg

紅葉が見事なはずの天鼓林(てんこりん)の紅葉は少し最盛期を過ぎていました。
f0109601_17212861.jpg

早朝から歩かされてご機嫌斜めな?小春と、いつもこあ兄たちの様子を伺うあずき。
f0109601_17214985.jpg

昇仙峡を覆う森にも徐々に陽が射してきました。
f0109601_1723117.jpg

まだ観光客があまりいません。
f0109601_1723512.jpg

今回の昇仙峡訪問の中で一番紅葉を気持ち良く感じた羅漢寺(らかんじ)にて。
f0109601_1724361.jpg

紅葉こそ無いけれど石門の景観は見事に一言に尽きます。
f0109601_17242616.jpg

日本が誇る美しい渓谷の風景の一場面でした。
f0109601_17245192.jpg

陽が昇り、陽光が園内の紅葉をより一層美しく映えさせる頃になると観光客が多くやってきました。
f0109601_17251825.jpg

ちなみに小春さん、昇仙峡の沿道を闊歩するトテ馬車がどうも苦手なようで。
f0109601_17253086.jpg

週末に天候に恵まれない週が続いていたけれど、この日は見事な快晴の下紅葉見物ができました。
f0109601_172541100.jpg

たまには心も身体もリフレッシュしなきゃね。
[PR]
by shibakoharu | 2013-11-17 22:17 | Day Trip

Deep blue over the white hill

今週末の2日間、ちょっと銀世界まで足を延ばしてきました。
We tripped to snow world for 2 days this weekend.

まずは初日、小春とあずきも連れてちょっとした小高い山にいざ登山。
First day, we went hiking(not climbing!) to winter's little mountain with Koharu and Azuki.
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD 42mm F3.8
f0109601_15171794.jpg

空は澄みきって、
The sky was very clear,
ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye
f0109601_15173926.jpg

真っ青な青空に出会えました。
and actually deep blue.
ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye
f0109601_15175861.jpg

眼下に雲が見えた。これってなんだか嬉しいよね。
We looked the clouds under our's eyes. It was so wonderful.
ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye
f0109601_15182459.jpg

山頂に近づくにつれ他の団体とも合流。
Then we walked with another party near the top of hill.
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 7mm F4.0
f0109601_15183995.jpg

約1時間ほどで登頂!山頂からの眺めはそりゃぁもう素晴らしいの一言!
Completed(about 1 hour)! The landscape from top of the hill was really so amazing and wonderful!
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 14mm F4.0
f0109601_15185368.jpg

気分は爽快、でも山頂の風の冷たさといったらハンパありませんでした。
Sure, the wind of hilltop was a chilly breeze.
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 7mm F4.0
f0109601_15191296.jpg

そこへ他の団体さんの女性がこはずき家の家族写真を撮ってくれた。聞くとその女性も赤柴を飼っているとのこと。
A woman of another party took this picture. She talked to us she has a shibainu like Kohazuki.
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 7mm F4.0
f0109601_15193168.jpg

お昼も近づきお腹も空いてきた。よっしゃ、温かいご飯でも食べに下山することにすっか。
And we were hungry, let's go down the hill to eat warm lunch.
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0 7mm F4.0
f0109601_1520469.jpg

ランチに食べたのはいつもこの地へ訪れると食べるオムライス。
The lunch we took were an omlette with tomato taste rice as same as I always go there.
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD 24mm F3.4
f0109601_15211541.jpg

さて続いて君たちが思いっきり遊べる場所に行ってみようか。
Next, we're gonna take you, Koharu and Azuki to the place we're able to set you free.
[PR]
by shibakoharu | 2012-01-08 21:00 | 軽井沢旅行
今年最初の日帰り山歩きに選んだのは東京都内にある三頭山(みとうさん)。
f0109601_2113147.jpg

天気予報では「晴れる」って言ってたはずなのに寒々しく曇天模様。
f0109601_21133330.jpg

時折、雲の切れ間から差す陽の光がやけに暖かく感じる。
f0109601_21134468.jpg

標高1,525mの三頭山(西峰)までのハイキングコースは小さい子供にでも歩けるコース。
山頂までは比較的あっという間と思えるほどに着いてしまった。
f0109601_2114649.jpg

天候にさえ恵まれればこの場所から富士山を拝められたはずなのに、今日は残念な結果に。
f0109601_21141640.jpg

そこへマウンテンバイクを担いで登ってきたお兄さんに慰めてもらったよ。
お兄さんとにらめっこ?しているのはあずきさん。
f0109601_21143073.jpg

もうちょっと陽が差さないか期待して待ったけれど、どうやら今日は青空には嫌われたようだ。
f0109601_21144981.jpg

しゃーないな、今日はこのままおとなしく下山することにしよう。
f0109601_2115050.jpg

下山途中、小石が落ちて行くさまを見届ける小春。山の傾斜にちょっと恐れをなしたかな。
f0109601_211511100.jpg

登山中も下山中も曇天模様だったのに、麓近くまで下山してきたら陽が強く差してきた。
山の天気は意地悪だ。
f0109601_21152253.jpg

先日行ったひたち海浜公園で出会えたような青空には恵まれなかったけれど
良く言えば陽には焼けなかった、今年最初の山歩きとなりましたとサ。
[PR]
by shibakoharu | 2011-04-29 21:43 | Day Trip

陣馬山・景信山登山

10日ほど前に福島県は磐梯山に登山したこはずき。
晴れた文化の日に計画したのは、陣馬山(じんばさん)と景信山(かげのぶやま)のダブルヘッダー登山。
f0109601_18432566.jpg

ダブルヘッダーと言いつつも、いずれの山も初心者コース。
まずは朝の7時に陣馬山(857m)に登頂(っていうほど大したものでもなし)。
f0109601_18434424.jpg

この時間に山頂にいたのはこはずき家の他に、男性登山客が二組。
おひとかたは写真右手にてわん連れで朝食タイムだったようで。
f0109601_1844379.jpg

快晴の空に朝日が登る。午前7時半、いざ景信山へ出発。
f0109601_1845154.jpg

陣馬山と景信山を結ぶ縦走路は、登山というよりもハイキングコース。
アップダウンもキツくなければ登山道も整地されて歩きやすい。
f0109601_1845411.jpg

途中、明王峠(みょうおうとうげ)にてひと休み。紅葉が色づき始めた。
f0109601_1846620.jpg

陣馬山の山頂からも富士の絶景が拝めたけれど、ここ明王峠の茶屋前から冠雪の富士に手を合わせる。
f0109601_18462334.jpg

富士には全く興味なし、の小春とあずき。
f0109601_184636100.jpg

途中、痛恨のコースミスで40分ほど時間をロスするも、途中途中の緑の色づきを楽しむ。
f0109601_18465844.jpg

午前10時過ぎ、景信山(727m)に登頂。
f0109601_18471678.jpg

景信山の茶屋から望む富士山。
陣馬山頂、明王峠、そしてここ景信山頂にも茶屋とトイレがあるので登山初心者にも安心だね。
f0109601_18472923.jpg

どこか懐かしさを覚えるスタンプラリーの用紙に判を押してみたり。
f0109601_18474570.jpg

景信山頂からは八王子市街を展望することができる。
f0109601_1848213.jpg

30分ほど経過した後、再び縦走路の復路に。
先ほどは開店前で誰もいなかった明王峠の茶屋の前には多くの登山客が休憩していた。
f0109601_18481674.jpg

お昼を回って、再び戻ってきた陣馬山頂まではもうすぐ。
f0109601_18484013.jpg

陣馬山頂付近の紅葉が赤く染まる。
f0109601_1848561.jpg

予定通り、景信山から2時間ほど歩いた12時半に再び陣馬山頂に再登頂。
朝7時の登頂時に登山客が三組しかいなかったのとは大違いで、多くの登山客で賑わう山頂。
f0109601_18491843.jpg

山頂にある富士見茶屋にて
f0109601_18493880.jpg

暫しの一服。
f0109601_18495519.jpg

陣馬山も景信山も標高こそ低いものの雲が近くに感じられた。
今日のハイキング中に出逢ったわんこは早朝の陣馬山頂にいたシェルティーの他、
MIX一頭と、きゃんきゃんうるさいマルチーズ一頭でした。
f0109601_18501841.jpg

一般的な犬ブログでは滅多に見かけない、どーでもいい飼い主夫婦のツーショット。
f0109601_18503460.jpg

本日の歩行時間は6時間半、走破距離は約12kmでした。ブイッV
[PR]
by shibakoharu | 2010-11-03 20:45 | Day Trip

中津川渓谷

旅行三日目、今日は帰路につく日。
昨日の磐梯山登山がよほど疲れたのか、わんこもよく寝る寝る。
f0109601_21434084.jpg

今回お世話になった「四季の森山荘」には内風呂の他に露天ジャグジーがある。
昨日の登山は疲れたけれど、暖かい湯に浸かったお陰で嘘のように体力が回復した。
f0109601_21435424.jpg

体力回復には暖かい湯の他に、おいしいご飯も忘れちゃならないね。
f0109601_2144665.jpg

帰路につく今日は高速道路が混まないうちに早めに行楽に出よう。
旅行最終日に向かったのは、宿から車で30分くらいのところに位置する中津川渓谷。
f0109601_21442623.jpg

中津川渓谷は裏磐梯の中でも紅葉の名所として名高い渓谷だけれど
今年の紅葉は各地でそうであるように、どうも色づくのが遅いようだ。
f0109601_21444054.jpg

例年なら今頃は見事に赤く色づいているはずの渓谷もどこかいまいち。
色づきもいまいちなのに、一部で落葉しているところを散見されたのが気になるところ。
f0109601_21451471.jpg

それでも日曜日ということも相まって朝早くから多くの見物客がやって来ていた。
あ、もちろんこはずき家もそんな見物客の一部だけれどね。
f0109601_21452712.jpg

んー、天気には恵まれたけれど、紅葉はちょっと残念だったなー。見頃はまだ先だね。
f0109601_21453930.jpg

10時半に中津川渓谷を出発し、途中ランチ休憩を挟みつつも東京の自宅に14時半に到着。

行楽の秋、こうして体を動かし自然を満喫して、おいしい食べ物をいっぱい食べて。
こういうのが生きる喜びなんだなぁと、しみじみと感じた二泊三日の旅行なのでした。
[PR]
by shibakoharu | 2010-10-24 21:42 | 会津・磐梯旅行

磐梯山登山

旅行二日目の朝食は「鮭といくらのわっぱ飯」で腹ごしらえ。
f0109601_0113141.jpg

今日は今回の旅行のメイン・イベントの磐梯山登山。
天気は快晴。秋の空と紅葉を楽しみながら、いざ磐梯山へ。
f0109601_0115841.jpg

朝10時半に磐梯山・八方台登山口より出発。
f0109601_0121334.jpg

御年七十の婆も引き連れてのことなので、無理せずゆっくりと。
f0109601_0123259.jpg

雲がない。吐く息は白くても山に登っていると身体が熱くなってくる。
f0109601_013073.jpg

登山道の途中にある「中の湯」を過ぎても要所要所で紅葉に巡り会えた。
でも紅葉の色づきはまだまだこれからかな。
f0109601_0131030.jpg

登山道は徐々に岩場が増え始め、紅葉を愛でる余裕が無くなってくる。
更には写真を撮る気力さえも失なってくる。
f0109601_0134461.jpg

登山を開始して約2時間の12時半前、四合目となる弘法清水小屋に到着。
f0109601_014079.jpg

こちらで暫しの休憩タイム。トイレは無いので水分の摂り過ぎには要注意。
f0109601_014166.jpg

ちょっとのんびりの休憩を終え、最後のもう一息を30分ほどで登りきる。
午後1時50分。登山に要した時間3時間20分で磐梯山山頂(五合目)へ。
360度パノラマの山頂は吹きっさらしにも関わらず、この日はほとんど無風。
f0109601_0143570.jpg

山頂にある1,819mの三角地点へ。
先に登頂していた外国人と日本人とのパーティーから祝福を受ける小春とあずき。
f0109601_0145380.jpg

こあ兄とこあ姉と一緒に登頂記念撮影。こあ姉にキスしているのはあずき。
f0109601_0152065.jpg

こあ婆もよく頑張りました。
f0109601_0153130.jpg

たくさんの登山客から温かい眼差しで見つめられた小春とあずき。
その登山客の多くから「犬は足が四本あるから疲れなくていいなぁ」とか言われたっけ。
(写真中央右あたりに見える湖は桧原湖/磐梯山の北側)
f0109601_0154927.jpg

今回の磐梯山登山の途中で出逢ったわんこは白いラブラドール一頭のみ。
近いうちにここ磐梯山への犬の入山は、生態系への影響を理由に禁止されるという。
おそらくは小春たちを連れての磐梯山登山はこれが最初で最後になるのであろう。
(写真左、麓にうっすら見える湖は猪苗代湖/磐梯山の南側)
f0109601_016593.jpg

今晩の宿の食事は地鶏の鍋を中心に。
f0109601_0162383.jpg

日本人に生まれて良かったー!って思う瞬間。
f0109601_0164350.jpg

桧原湖畔にある宿の庭から、湖面に映る月の影が幻想的。
f0109601_017190.jpg

空、太陽、紅葉、山、湖、月・・・。自然の要素がふんだんに揃った裏磐梯。
まるで今晩の鍋料理のように、自然までもが具だくさんな一日だった。
[PR]
by shibakoharu | 2010-10-23 21:22 | 会津・磐梯旅行
先日予定していた旅行を悪天候を理由にキャンセルしたため
晴れた日曜日の今日、リベンジとばかりに日帰りで山に繰り出した。
f0109601_21162450.jpg

沢伝いの道を突き進みひと山越えると、そこには気持ち良く開けた草原が広がっていた。
f0109601_21165594.jpg

ちょっと小休止。
ここ「小さな分水嶺(ぶんすいれい)」はこの碑を起点に、東側に降った雨は荒川の、
西側に降った雨は富士川の、南側に降った雨は多摩川の、それぞれの源流となる地点。
f0109601_21171584.jpg

分水嶺にて家族写真。はい、ポーズ。
左手後ろの雲間から顔を覗かせているのは富士山。
f0109601_2117344.jpg

分水嶺を越えて視界に飛び込んできたのは「笠取山」。
それまで意気揚々と歩んできた小春とあずきも、山の急斜度にぎょぎょっ。
f0109601_21175535.jpg

いざ、頂を目指して!
f0109601_21181418.jpg

山頂に近づくにつれ、登山道の斜度が徐々に険しくなってくる。
雲も手が届くほどに感じられる距離に。あずきさん「ちゃんと付いてきてる?」
f0109601_21183560.jpg

山の見晴し台に登頂。登山口から登頂までの時間は約3時間。
実は本当の山頂はここよりちょっと先にあるけれど、こちらでの眺望が抜群なのでパチリ。
f0109601_21185417.jpg

山の南西に位置する甲州市方面を背にしてもう一度全員揃って、はいポーズ。
ちなみにここ笠取山の北壁には、2ヶ月ほど前にニュースで話題となったブドウ沢が流れる。
f0109601_2119897.jpg

さてそろそろ山頂(1,953m)を目指しますか。
そこへ別の登山者の方から「ここから先はわんちゃんにはキツいですよ」とのご忠告。
どれどれどんなもんか覗いてみましょう。げげッ、こりゃ無理だわ。
f0109601_2119226.jpg

わんこ連れの鉄則、汚さず、無理せず、迷惑をかけず。
森林浴を楽しみにながら下山することにしよう。
f0109601_2233815.jpg

森林浴のみならず、沢のせせらぎが心地よい。沢伝いにミズナラ林の急坂を下りて行く。
f0109601_2120409.jpg

おまけ。山の中でシカと遭遇。咄嗟の出来事にうまく撮れなかったのが残念。
f0109601_21205186.jpg

帰宅したら小春もあずきも森の香りが残っていたよ。
[PR]
by shibakoharu | 2010-09-26 22:38 | Day Trip

LOHAS Birthday

三連休の中日となる今日はわん友さんと共に、埼玉のとある山に向かった。
f0109601_17235775.jpg

まだまだ汗ばむ陽気に変わりはない。コマちゃんは先月、小春よりも一足先に6歳になりました。
f0109601_1725339.jpg

登山道は次第に岩場と変貌してゆく。
その岩場の段差は優にわんこの身の丈よりも高いというのに、この柴わんこ達はものともせず。
f0109601_17252143.jpg

ビッグサンダーマウンテンはさらに続く。
f0109601_17254298.jpg

と、断崖絶壁の岩場にさくらちゃん、ついに断念か?
f0109601_17255967.jpg

午前8時ジャスト。見晴し台に到着。
f0109601_17262566.jpg

よかった!途中、登頂が危ぶまれた?さくらちゃんも無事安堵の表情。
f0109601_17264489.jpg

先日6歳の誕生日を迎えた小春。ポーカーフェイスで「どんなもんじゃい」。
f0109601_17265773.jpg

そしてうちのもうひとりの柴わんこあずきは、登頂と共に4度目のハッピーバースデー。
f0109601_1727106.jpg

自然の中で迎える誕生日っていうのもいいもんだね。
f0109601_17273846.jpg

四柴並べての記念撮影。
誕生日を迎えたあずきを中央に、コマちゃんとさくらちゃんには結果として?狛犬様になってもらいました。
にんまりのあずきに対し、釈然としない表情を浮かべるコマちゃんがなんとも対照的だね。
f0109601_1728071.jpg

下山後、麓に流れる小川で暫しの水遊び。
f0109601_17282329.jpg

わんこはへっちゃらな川遊び。
人が裸足で歩くには川石が足裏のつぼを刺激して激痛極まりないことこの上なし。
f0109601_17283981.jpg

ランチはわんこも入店できるカフェにて、柄にも無くオーガニック&ベジでヘルシーに。
こあ兄、生まれて初めてのゴーヤにチャレンジ。あー、にがッ。
f0109601_17285310.jpg

3日前に6歳になった小春と、本日4歳になったあずきにと、
コマ姉からこれまたこはずきが食べ慣れない“良さげな”おやつまで戴いちゃいました。
f0109601_1729617.jpg

一緒にロハスな誕生日を過ごしてくれた、コマ家とさくら家のみんなありがとね!
[PR]
by shibakoharu | 2010-09-19 18:28 | Day Trip