OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:里親さん探し ( 16 ) タグの人気記事

夏眠

暑い。蒸し暑い。
今日は気温こそそれほど高くなかったものの、湿気が異様に高かったせいか
ついにこはずき家のリビングのエアコンも、今年初めて「冷房」と「除湿」のボタンが押された。

肉球がしっとりしていた小春姉さんも、さらっと爽やかスマイル。
f0109601_2038591.jpg

この快適湿度を知っちゃうと、あずきもなかなか外に出る気にならない。
f0109601_20394279.jpg

ここ暫くは電気代が抑えられていたけれど、今年もまた夏に向けて電気代が高騰する季節がやって来た。
そろそろ小春とあずきにとって、冬眠ならぬ「夏眠」の季節の到来か。
そうなると秋が来るまでイベント事とも暫しのお別れかもね。
f0109601_20395895.jpg

ところで近所に捨てられていた柴犬の太郎(旧名小太郎)が保護された後、晴れてこはずき家を巣立ってもうすぐ2年。
今日は2年ぶりに太郎に再会しようと計画していたものの、あいにくの雨模様に計画を断念した。

現在、こはずき家の知人宅にて先月初めから一時預かりされている「のんこ」(D37278)。
まだ1歳に満たないこの「のんこ」の新しい里親さんが見つからない。
f0109601_20542073.jpg

こはずき家を巣立って行った太郎や仔猫のキトに続いて、
のんこにも一日も早く温かく迎えてくれる家族が見つかることを切に願わずにはいられない―。
[PR]
by shibakoharu | 2009-06-21 21:30 | きょうの柴娘

巣立ちのキト

先週の木曜日、10月16日の夜に捨てられているところを保護された仔猫のキト。
その日から数えて1週間も経たないうちに新しい飼い主さんが決まった。

そして1日も早く新しい飼い主さんの元で暮らしてもらいたいという願いから
今日の夜、新しい飼い主さんの家に訪れキトを譲渡してきた。
f0109601_8124483.jpg

正直なところ、こんな見た目の仔猫がこれ以上我が家に居ると、別れの時がつらくなってくる。
最初はヨタヨタした歩き方だったのに、今では呼ぶとすっ飛んで駆け寄ってくるようになった。
そう、ちょうどこれからが可愛い盛りになってくるところ。
f0109601_8125118.jpg

奇しくも新しい飼い主さんはご夫婦揃って、こあ兄とこあ姉とほぼ同年齢。
奥様にいたっては元々獣医師さんだったということもあり、キトにとってもこれ以上の環境は望めまい。
新しい家に到着しても全く起きてこようとしないキト。
キトには既に、本当の意味での安らぎの場所だということがわかっていたのかも知れない。
f0109601_81308.jpg

あまりに可愛過ぎて、お別れの時に泣いちゃうかも、なんて話していたけれど
新しい飼い主さんのその完璧なまでの受け入れ態勢に、
キトのいない帰りの車中、こあ兄もこあ姉も不思議と晴れ晴れとした気持ちだった。

こんなに気持ちの良い、人との出会いっていつの日以来のことだろう。
そして、9日ぶりにいつものこはずき家に戻ってきた―。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-24 23:11 | 仔猫のキト

キトの里親さん決定

仔猫のキトがこはずき家に迷い込んで?今日で7日目。
19日の日曜日にキトの里親募集広告を公開して僅か3日目にして本日、新たな里親さんが決定しました。

地域にして、東京、千葉、埼玉、群馬から
里親さんとして名乗り上げていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
また、せっかくお声がけいただいたにも関わらず、ご希望にそえなかった方には大変申し訳なく思います。
f0109601_23252225.jpg

今週に入ってからというもの、毎日こあ兄かこあ姉のいずれかが
日中一時帰宅してキトにミルクを与えていたんだけれど、今日はどうも元気がない。
用心のため動物病院に連れて行き、昼間と夕方にそれぞれ1本ずつ、計2本の点滴を打った。
f0109601_23253787.jpg

やんちゃなキトよりも、自分のほうがキトに遊んでもらいたい?あずき。
今日はおとなしくさせてあげようよ。
f0109601_23254479.jpg

こんなに小さいカドラーだけれど、いつかはこのカドラーに入りきらないほど大きくなるんだろうか?

てんやわんやな一週間だったけれど、ついにキトとお別れするカウントダウンが始まった―。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-22 23:45 | 仔猫のキト

キトの里親さん募集終了

2日前の10月19日付で「いつでも里親募集中」の掲示板に掲載された、キトの里親募集広告。
掲載された翌日である、昨日の時点で予想以上の多数の応募がやってきた。

当初は今週一週間くらいは、里親募集期間と考えていたけれど、
急遽、今日21日付で里親募集広告を取り下げることに決めた。
f0109601_23184021.jpg

今日の時点でいただいた多数の応募の中から、
最終的にキトの里親さんを決定することで、こあ兄こあ姉共に意見が一致した。

キトの里親さんに応募いただきました皆さん、本当にありがとうございました。
ご連絡いただきました方には、おひとりおひとりにご連絡させていただきます。

ちなみに今日もやんちゃなキトは、あずきと一緒に遊んでいます。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-21 23:28 | 仔猫のキト

予想以上の反響

昨日「いつでも里親募集中」の掲示板に掲載された、キトの里親募集。
今日の時点で掲載されてからまだ1日しか経過していないにも関わらず、
早速里親さん候補として多数、応募をいただいた。

応募いただいた皆様にはひとりひとり、この場を借りて感謝の意を表したいと思う。
(ご連絡いただいた方には、メールにてやりとりさせていただいております。)

昨年の小太郎の里親さん探しの時に比べても、反応が早いし
1日目にして小太郎の里親さんの応募総数を既に上回っている。
予想以上の反響に正直言って嬉しい。
おそらくはそう遠くない将来的に、キトの里親さんが決まるのではないかと思う。
f0109601_5244268.jpg

今日のキトとあずき。

キトに夢中なあずきが、横から入ってくる小春に対して「あっち行ってよ」と威嚇しています。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-20 23:24 | 仔猫のキト

キトの里親さん募集開始

仔猫のキトがこはずき家にやってきて、今日で4日目。

ミルクの飲みっぷりがイマひとつにも思えるけれど、
こはずき家の環境に慣れてきたせいか、「ミルクを飲ませろー!」と催促する余裕が出てきた。
f0109601_21541245.jpg

昨日と比べても、ずいぶんと愛嬌を振りまくことも覚えてきたようだ。
f0109601_21544055.jpg

「キト、あんたに振り回されて、あたしらすっごく眠いんですけど。」
f0109601_21545838.jpg

こあ兄達も含め、夜中にビービー言われて、
おしっことミルクを催促するキトのお陰で、寝不足気味の小春さんとあずきさん。
f0109601_2155667.jpg

そんなこはずき家の中で、ひとり瞳を爛々と輝かせているキト。
以前、小太郎(現:太郎)という柴の捨て犬の里親募集でお世話になった
いつでも里親募集中」の掲示板に今日、キトの記事も掲載してもらった。
f0109601_21551469.jpg

そんなわけで、今日からキトの里親探しの旅が始まりました。
こちらのブログにお越しになられた皆さんも、ぜひ里親さん探しにご協力くださいませ。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-19 22:07 | 仔猫のキト
今日こあ兄は仕事の途中、たまたま東京都動物愛護相談センターの前を通りかかった。
最初はそのまま通り過ぎたんだけれど、どうしても気になり引き返して門をくぐってみた。
f0109601_233218.jpg

門をくぐると入ってすぐ脇にある、柵の中の犬舎に十数頭のわんこが繋がられていた。
その中の一匹がこあ兄を見つけるや否や、思い切り吠え立ててきた。
よそ者と思って威嚇したのか、それとも新たな飼い主と期待したのか。

動物愛護センターというと、保護されて猶予の期間を過ごす場所と思いがちだけれど
ここ城南島出張所にいるわんこはいずれも、保護期間を過ぎたわんこ達。
保護期間を過ぎたわんこのそのほとんどは、殺処分されてしまうわけだけれど
この出張所にいるわんこは犬種、性格などから処分を逃れ、
動物教室や講習会に出場する役割を持たされたわんこなんだという。
いずれは譲渡会に出されるわんこなんだと、世話をしていた方から話しが聞けた。
f0109601_2331416.jpg

ここにいるわんこ達は何かこの世に縁があって、尊い命を生かされた幸せな子達。
でもここは目の前が羽田空港ということもあって、空港に着陸する飛行機が
あたかも手が届くんではなかろうか、という近さで飛んでくるもんだから騒音もハンパじゃない。

こうした動物愛護センターにいるわんこ達には一日も早く、飛行機の騒音から開放された
静かな環境で寝かせてあげたいと思った昼下がりのこあ兄なのでした―。
[PR]
by shibakoharu | 2008-09-03 23:36 | よもやま話し
今日、ついに小太郎が新しい里親さんのもとへ旅立つ日がやって来た。
朝の6時過ぎに、最後の城北ドッグランを満喫した小太郎。
花ちゃんと人和君も最後のお別れの挨拶をしに来てくれたよ。
f0109601_2301897.jpg

朝、お散歩から帰ってくると、うららちゃんまで出迎えてくれた。
f0109601_2303230.jpg

いざ旅立ちの時。第三京浜に乗って一路、横浜へ。
小春とあずきは自宅でお留守番をしてもらうことにした。
f0109601_2305286.jpg

横浜までの道中、比較的穏やかにしていた小太郎。
我が家の車での、最初で最後のちょっとしたドライブになった。
f0109601_2311389.jpg

朝10時ちょっと前に、新しい小太郎のお家に到着。
小太郎の今度のお家には庭があって、きゅうりやナス、かぼちゃなどのお野菜がいっぱいに生っていた。
自然がいっぱいでご満悦な?小太郎。
f0109601_231475.jpg

一時間ほど今後についての話しなどを済ませた後、
こあ兄とこあ姉は新しい里親さんのお家をあとにすることになった。

すると、一緒に帰りたいと、我が家の車へ走り出そうとする小太郎。
この写真を最後に、小太郎の姿は見なかった。
f0109601_232136.jpg

昼過ぎに帰宅すると、あずきはいつもと変わりなかったけれど、小春の様子が少し変だった。
窓の外に向かってクンクン鳴く小春。
この一ヶ月間、共に暮らしていた小太郎がいないことに真っ先に気づいているようだった。
f0109601_232959.jpg

いつもなら小春とあずきのふたりして戯れるのに
昨日までとは違う雰囲気を察知してか、妙にふたりともおとなしい。

今日のこはずき家は妙に静かだった。
[PR]
by shibakoharu | 2007-06-24 23:34 | 柴犬太郎
小太郎が我が家にやってきたのが5月23日だったので
今日でちょうど一ヶ月が経つことになる。
そして今日、小太郎と共に過ごす最後の一日となった。

午前中、城北のドッグランで3時間あまりも過ごした。
小太郎が好き好き光線を放っていたナナちゃんと一緒に。
f0109601_23155349.jpg

あらためて小太郎を新しい里親さんのもとへ送り出すことに至れたのは、
ドッグランでお知り合いになった皆さんのご支援があったからこそ。
結果的にはインターネットの里親募集のサイトへ小太郎の広告を
掲載したことが決め手にはなったけれど、それだけを頼りにしていたら
今日と言う日を迎えられなかったかも知れない。小太郎の里親さん探しを
ご支援くださいました皆さん、本当にありがとうございました!

一ヶ月前に捨てられた小太郎がこうして今、安らかな表情で
寝ているのを見ると、なんだか不思議な運命を感じるね。
f0109601_23162166.jpg

そして、もしかしたら一番の功労者は小春とあずきかも知れない。
何処からやってきたのかもわからないオッサンに対して
威嚇することもなく、温かく迎えてくれた二人には心から感謝したい。
二人ともよく我慢したね。もうちょっとでまた元の生活に戻れるからね。
f0109601_23163411.jpg

小太郎、一日でも長く、元気に長生きしてね!
[PR]
by shibakoharu | 2007-06-23 23:38 | 柴犬太郎

ハマのおじさん決定!

小太郎の新たな里親さんが決定した。

今日、里親募集の広告を見て里親を希望された方が
我が家にやって来て小太郎の譲渡について打ち合わせをした。
f0109601_2341663.jpg

新しい里親さん、すっごいおもしろい人だった!
三世代家族のお家にもらわれることになったんだけれど
70になるおじいさん、戦後直後からずっと犬を飼い続けてたんだって。
最後のわんこは8年ほど前に亡くなって、
それ以来わんこのいない生活だったんだけれど、
最後のわんこはおじいさんの腕の中で息を引き取ったんだって。
f0109601_234271.jpg

ところで、こはずき家が新しい里親さんの方と譲渡について
打ち合わせている間、小太郎達はどうしていたか、
っていうと、こんな調子。小太郎、まるで緊張感なし。

ちなみに新しいご家庭は神奈川県は横浜市。
小太郎、“ハマのおじさん”に決定だね!
[PR]
by shibakoharu | 2007-06-17 23:25 | 柴犬太郎