OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

撮影ウラ話「Shi-Ba 2008年9月号」編

昨日、撮影してもらった「柴コレ」の撮影時のウラ話。

カメラマンさんをはじめ、撮影スタッフの方々がスタジオの空調温度を
小まめに切り替えていたんだけれど、実はこれは単なる“暑い、寒い”の調整ではなく、
小春とあずきの「口の開き具合」の調整のために、空調温度に神経をとがらせていた。

なるほど、例えば“口を開けて笑っているような”写真を撮りたい時などは
空調温度を上げるっていうワザがあるんだね。
そんな裏側の事情を想像しながら「Shi-Ba」の挿入画像を見るのもまた楽しいかもね。
f0109601_6573441.jpg

また、とあるシーンを撮る際に小春を使うか、あずきを使うか迷った場面があった。
そこでこあ兄から「小春じゃリスクが高過ぎるからあずきにしよう」と提案。
リスクが高いとはこういうこと。場面によってこんな表情になっちゃう小春。
f0109601_6575065.jpg

これはこれで、シチュエーションによっては“使える”表情なんだけれど
今回の「柴コレ」で、この表情はいらん!ということで、ここでのモデルはあずきになった。

今回の撮影は昼の1時半にスタジオ入りして、2時頃から撮影スタート。
撮影が終わったのが4時半前ということで、約2時間半の撮影に応じた小春とあずき。
あらためてよく頑張ってくれました。7月末の発売日が楽しみだね。
[PR]
by shibakoharu | 2008-06-30 23:38 | マスコミ