OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ここは牛舎か

この丸二日、朝晩の散歩時にも外でウンチをしないあずき。
ウンチをしないのは外に限らず、家の中でさえしないのだから性質(たち)が悪い。
f0109601_22393171.jpg

夜、仕事から帰宅しドアを開けた途端に、鼻をつくウンチ臭。
家の中に3箇所設けたトイレシートのうち、2箇所にこんもりウンチがしてある。

「ふぁ~~~、よぉ出たぁ~~」
f0109601_22393661.jpg

まあね、ちゃんとシートの上にしてあるからいいけどサ、できればこあ兄達が在宅中に事を終わらせて欲しいよ。

半日近く部屋の中にウンチを放置された日にゃぁ、部屋中が牛舎みたいな臭いじゃん。
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-29 22:54 | きょうの柴娘

伊豆半島を無事一周

茶摘音さんで迎える朝。
f0109601_19344990.jpg

ここ茶摘音さんには手入れの行き届いたドッグランがある。
あずきはあまりお気に召さなかったようだけれど、小春は逆に大はしゃぎ。
f0109601_1935254.jpg

朝ご飯は洋食。これぞペンションらしい朝ご飯。
f0109601_19351342.jpg

旅の初日は西伊豆、二日目の昨日は南伊豆(石廊崎)から東伊豆に抜けた。
本来なら帰宅する三日目も何処かに遊びに行きたいところだけれど、高速道路の渋滞も気になる。
まして小春もあずきも伊豆半島をほぼ一周周ってちょっとお疲れのご様子。今日は朝ご飯を食べたらさっさと帰ろう。
f0109601_19352621.jpg

帰り道、伊豆高原から東京に戻る経路をカーナビが芦ノ湖スカイラインから御殿場に抜けるルートを選択した。
あれ?セオリーなら箱根ターンパイクから小田原厚木道路に抜けるルートのほうが良いはずなのに。
ナビの通りに御殿場に抜けたけれどこれは失敗。芦ノ湖スカイラインはターンパイクに比べコーナーが多過ぎる。
犬連れでドライブするなら、芦ノ湖スカイラインよりも箱根ターンパイクのほうがわんこに優しい。
カーナビは時に便利ではあるけれど、時に自分を信じてナビに従わない必要性もある良い例だね。
f0109601_19353564.jpg

東名道にある鮎沢PAにはドッグランがあるけれど、渋滞しないうちに高速道路を突破しよう。

今回の旅行、シルバーウィークの大渋滞が懸念されたけれど往きも帰りも渋滞知らずで帰宅することができた。
小春はもちろんのこと、あずきも車酔いとは無縁の往復570kmほどのロングドライブ。
わんこ連れでロングドライブならルートと出発時間は要注意だね。小春もあずきもご苦労さん。
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-22 19:32 | 伊豆・箱根旅行

石廊崎から東伊豆へ

小春とあずきにとって、そしてこあ兄とこあ姉にとっても初めてのわんこ連れでの民宿泊。
ペット同伴を表立って謳っていない宿ということで不安要素は多かったものの、結果として“良い方向”に裏切られた。
昨夜、消灯した後に窓の外から聞こえる潮騒も心地よく感じることができた。

翌朝、宿から海岸に向けて坂道を下って行くと1~2分程度で海岸に到着した。
f0109601_1747349.jpg

海岸に着くと、喜久丸の看板犬のバロン君が既に散歩を終え宿に戻るところだった。
バロン君、小春と同じく今年5歳の男の子。犬種はパピオンって言ってたけどチワワにも近いかな。
f0109601_17471518.jpg

早朝の岩地海岸で戯れる小春とあずき。
f0109601_17473112.jpg

近所のドッグランに行ってもなかなか走らなくなった小春とあずきだけれど、何故か海に連れて行くと走る走る。
f0109601_1748755.jpg

宿に戻ってきて、皆揃って腹ごしらえ。海辺の民宿と言えばやっぱり和食だよね。
f0109601_17482494.jpg

のんびりと朝10時にチェックアウト。今日のメインの目的地は伊豆半島の突端「石廊崎」。
f0109601_1748317.jpg

石廊崎から見る太平洋。その眺望は素晴らしくもあり、恐怖心さえ覚えるものでもあり。
f0109601_17484365.jpg

人にとっては手摺りが恐怖心を和らげてくれるものの、わんこには手摺りが無いと言ってもいい。
f0109601_17485099.jpg

こあ兄とあずきのペアはさらに高台に登る。何とかは高いところが好き?
f0109601_17485687.jpg

その後は昨日とは打って変わって寄り道をせずに一路、お世話になる宿へ直行。
今宵お世話になるのは伊豆高原は大室山の麓に位置する「茶摘音」さん。
f0109601_1749750.jpg

昨日の夕食に比べペンションだけあって和食中心でありつつも創作的。
f0109601_17491420.jpg

茶摘音さんには貸切の内風呂の他、檜の露天風呂もある。旅の疲れを癒すには、美食と、湯と、笑いと。
f0109601_17492166.jpg

さて、明日の帰路の高速道路は大丈夫かな?
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-21 21:46 | 伊豆・箱根旅行
昨日9月19日に3歳の誕生日を迎えたあずき。
その3日前に5歳になった小春も合わせ、バースデイ・ウィークとなったこはずき家。

ここ最近体調を崩しがちだった家族皆がほぼ復調したことと、
シルバー・ウィークを利用して今日から二泊三日で伊豆半島へ旅行に出かけた。
f0109601_15244685.jpg

事前の交通情報から、この連休中はどこの高速道路も長距離の渋滞が予想される。
そんな渋滞を嫌って朝の3時半に自宅を出発すると、7時前には西伊豆は「御浜岬(みはまみさき)」に到着した。
f0109601_15251841.jpg

すっかり秋の風がそよぐ岬にて、人も犬もしばし朝食タイム。
その後駿河湾の奥に覗く富士山をバックに、はいポーズ。あずきさん、奥歯にご飯が挟まってる?
f0109601_15252714.jpg

見事なまでの青い空と海、そして富士山を拝むことできた。
f0109601_15253244.jpg

西伊豆の海岸線を南下し、先ほどの「御浜岬」に続いて「恋人岬」に到着。
恋人のメッカのひとつとして有名な恋人岬。こあ兄とこあ姉にとっては2000年4月以来の訪問となる。
現地のステラ・ハウスには誓いのプリクラ・アルバムが保存されているけれど
その中に9年前に訪問した際のこあ兄とこあ姉のプリクラも残されていた。
f0109601_15253763.jpg

さらに海岸線を南下し、続いて訪問したのが「三四郎島(さんしろうじま)」。
三四郎島は構成する4つの島が、見る角度によって3つ、または4つに見えることからその名が付いている。
干潮時には瀬が現れる「トンボロ」と呼ばれる現象のお陰で、手前の島まで歩いて行けるのもポイント。
f0109601_15254213.jpg

今日の干潮時刻は11:59。しかし日が高くなるにつれ汗ばむほどの陽気になってきた。
f0109601_15254819.jpg

小春とあずきも暑さを凌ぐが如く、暫し水辺に戯れる。
f0109601_16989.jpg

三四郎島、そしてトンボロ現象を背にして家族全員で記念撮影。
本来ならトンボロを渡って島まで歩いていく予定を立てていたものの、
足元にある石の狭間から湧いてくる無数のフナムシに意気消沈して退散するこはずき家一同。
f0109601_1526219.jpg

ランチに寄ったのは「Salute」というイタリアン・レストラン。テラス席なら犬連れでもOK。
f0109601_15261673.jpg

宿にチェックインするにはまだ日が高い。
そこで「Salute」から車で30分ほどの距離に位置する「ドッグガーデンびわの木」を訪問。
f0109601_15262874.jpg

店の名の通り、ドッグランにはびわの木が1本生っている。
この樹があるお陰で午後のひとときを涼しく過ごすことができる。
f0109601_1526362.jpg

そのドッグランで出会った一匹のフレンチ・ブルドッグ。なんだか可愛かったので1枚撮らせてもらった。
f0109601_15264431.jpg

日が西に傾いてから本日お世話になる宿、民宿の「御宿 喜久丸」に到着。
今まで犬同伴が当たり前のペンションやホテルに泊まることが多かったこはずき家にとって
ペットに対するアメニティサービスを特別用意していない“民宿”は、まさに新世界。
f0109601_15265626.jpg

案内された2階の客間からの眺望。海はもうすぐそこ。
f0109601_1527170.jpg

夕食までの間、西伊豆の夕暮れの中を小春とあずきを連れて海岸を探訪。
f0109601_15271618.jpg

3歳になって初めての旅行のあずき。長距離ドライブもすっかりへっちゃら!
f0109601_15272137.jpg

5歳になった小春。年々その性格に丸みを帯びてきているのは気のせいではないはず。
悪く言えば、ばば臭くなったってことなのかも知れないけどな。
f0109601_15272624.jpg

念願だった黄金色の夕陽を、快晴の元で目に焼き付けられたことを幸せに思う。
f0109601_15273161.jpg

念願だったのは夕陽だけではない。宿の食事もメインイベントのひとつ。
宿のご飯は部屋まで持ってきてくれる。あー、なんだか楽ちん。
f0109601_15274286.jpg

通常プランでも海の幸がてんこ盛りなのにも関わらず、オプションで伊勢海老とアワビの刺身も注文。
f0109601_15275166.jpg

いつもならテーブルで食事するところを、今夜はちゃぶ台での夕食。
小春達の襲撃に戦々恐々とするも、意外とおとなしくしてくれた小春とあずき。
f0109601_15275811.jpg

おこぼれを貰えないか、じっと我慢の小春とあずき。あれれ、あずきは待ちくたびれてノックアウト?
f0109601_1528595.jpg

明日は西伊豆をさらに南下して、伊豆半島の突端まで足を運びます。
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-20 22:18 | 伊豆・箱根旅行

5 years

今日9月16日、小春は5歳の誕生日を迎えました。

生後2ヶ月の時に我が家にやってきた小春。もうかれこれ5年の付き合いになるんだね。
飼い主にも含め、基本的に誰にでも素っ気無い小春。
こあ兄達との付き合いも5年になるけれど、いったいこちらのことをどんな風に思っているんだろう?
f0109601_7503395.jpg

今、こはずき家の中で誰よりも健康的な小春。
一時は尿石症を患ったこともある小春が、こうして持病を克服してくれたことに感謝したく思う。

素っ気無くてもいいから、これからもずっと健康な小春であって欲しいと願わずにはいられないよ。
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-16 08:00 | きょうの柴娘

薬物依存

9月に入り、好天に恵まれた今日。なのに今日のこはずき家は一家揃って家に引きこもり。
こはずき家二人二頭のうち、一頭を除く残り二人一頭が健康を害しているため。

ただ健康を害していた一頭であるあずきの病気は、とりあえずは治まりつつある。
f0109601_22112863.jpg

先日、こあ兄と世代の近い中年オヤジが渋谷の路上で警察の尋問を受け逮捕された。
なんでも下半身の病気のため、という理由で隠し持っていた薬が問題になったらしい。
所持していた薬はかなりの依存症に陥ってしまうらしいが、こあ兄もとある薬物にここ数日依存している。

こあ兄が依存している薬物は・・・
[PR]
by shibakoharu | 2009-09-06 23:07 | よもやま話し