OLYMPUS E-3で撮る、柴犬小春と豆柴あずきの海・山巡りを綴ります


by こあ兄
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ペット宿 ( 40 ) タグの人気記事

先だって北軽井沢(嬬恋)のペンションにお世話になった時のこと。

今までにも年に幾度かペンション等のお世話になったことがあるけれど
今回の宿泊ではちょっと変わった隣人を垣間見た気がする。
宿の夕食時に一緒だったのが、男性ひとりと柴犬一匹のご家族、
男女ふたりとチワワ一匹のご家族、そしてこはずき家の3組。
f0109601_9213097.jpg

まず男性と柴犬のご家族。男性の年齢は推定だけれど50過ぎ。
今まで幾度かペンションに訪れたことがあるけれど、人がひとりで泊まりに来ているのを見るのは初めて。
感覚的には焼肉屋さんにひとりで食べに行く、または遊園地にひとりで遊びに行く、
そんな感覚に近いと思うんだけれど、こあ兄の見方は間違っているのだろうか?

もう一組の男女は、共に歳にして40半ばくらい。
パッと見は何ら変わった様子の無いカップルだけれど、夕食時にふたりして口論するありさま。
どうも話しの内容は「不倫」。ふたりが夫婦でどちらかが不倫をしているのか、
またはどちらか若しくはふたりとも家庭を持っていて不倫をしているのかはわからない。(知ろうとも思わないけど)
こあ兄達が見ている間だけでもワインのボトルを2本開けていて、特に女性が泥酔気味。
女性が相手の男性に対して「あなたのその上から目線が気に入らない!」とかいう言葉が耳に残った。
f0109601_9213692.jpg

翌朝、早朝にペンションに併設されているドッグランで小春とあずきが清々しい空気の中で戯れている横で
部屋にある内風呂に入る男性に、テラスの椅子に座ってタバコを吹かしながら
「ちゃんと身体洗ってから、お風呂(浴槽)に入ってよ!」と諭す女性。
きっとあの女性はかなり気が強そうだったから、丙午(ひのえうま)生まれだな。(← ひと言余計)
f0109601_9425229.jpg

こんな会話をするくらいだから、きっと夫婦なんだろうな。
万が一不倫だとしたら、不倫してまでこんなことを言われる男性が気の毒にも思う、旅のひとコマなのでした―。
[PR]
by shibakoharu | 2008-11-07 23:20 | よもやま話し

草津にて紅葉と露天風呂

旅行二日目の朝。
実は今回泊まった宿のキャパシティ7部屋に対し、この日宿泊したのは4組。
他のペンションを利用した時に隣室の物音が気になることが結構あったんだけれど
今回はそんなことを気にする必要もなくよく眠れた・・・・こあ兄は。
しかし現在風邪をひいて鼻と喉がダメなこあ兄のいびきのお陰で、こあ姉は寝不足気味。

そんな寝不足気味のこあ姉を尻目に、朝からエンジン全開のあずき。
あれ、小春もこあ兄のいびきで寝不足気味?
f0109601_22322652.jpg

ペンションに併設されているドッグラン。芝に落ちている紅葉の葉が何とも秋らしいね。
f0109601_22324067.jpg

ここ数日の間、基本的にエリザベスカラーをつけっ放しのあずき。
ドッグランではエリカラを外してもらってご満悦の様子。
f0109601_2233411.jpg

小春もダイエットが成功したせいもあるのか、あずきに負けず走りが機敏だった。
f0109601_22331552.jpg

ペンション裏の大自然。まるで北海道にでも来ているかのような錯覚に陥ってしまう。
f0109601_22334228.jpg

朝食も前日の夕食同様に比較的さっぱりめ。そして家庭的。
f0109601_22335639.jpg

朝食を摂る窓の外には浅間山がそびえ立つ。
f0109601_2234478.jpg

朝10時前に宿をチェックアウト。今日も昨日立ち寄った草津に行ってみることにする。
車窓に覗く北軽井沢の風景は、ピークこそ迎えていないもののすっかり紅葉しかかってきた。
f0109601_22341714.jpg

長野原町付近はそれほど紅葉していないものの、草津町に近づくにつれて紅葉が深くなってくる。
これこれ!今回の旅で観たかったものは!
f0109601_2234355.jpg

題して「紅葉と犬ふたり」。そのまんま。
f0109601_22344385.jpg

事前のチェックでは、吾妻渓谷の紅葉はまだ「青葉」。
逆に草津町を更に北上した場所に位置する草津白根山付近の紅葉は「落葉」。
ならばその中間に位置する草津は紅葉真っ盛りだろう、という予想がぴたりと的中。
f0109601_22345143.jpg

草津にせっかく来たならば、温泉に入って行こうという話しになり
久しぶりに「西の河原露天風呂」に入ることにした。
f0109601_22345872.jpg

この露天風呂、入ったことのある人ならご存知だろうけれど、
通りから露天風呂の中が丸見えなのである。
あ、男湯がですよ。さすがに女湯の露天風呂は丸見えではありません。
f0109601_22351226.jpg

グルメはともかく、紅葉と露天風呂を堪能できたこあ兄とこあ姉。
小春が我が家にやってくる前に、よく露天風呂巡りをしていた頃にちょっと戻った気分。
f0109601_22352659.jpg

今回の旅行は「紅葉狩り」という、人間の楽しみが主体だったので
小春とあずきの登場はあまり無いのでした。

今回の一泊二日の旅で往復400km未満の走行距離。
度重なる峠道にも負けずに、車酔いと闘ってきたあずきだったけれど、
自宅まで残りあと1.5kmあまりのところでついに力尽きてしまった。
それでもそんなあずきに盛大なる拍手を贈ってあげようと思う。
[PR]
by shibakoharu | 2008-11-03 23:30 | 軽井沢旅行

吾妻渓谷の紅葉狩り

今日から一泊二日で群馬県まで小旅行に出かけるこはずき家。
今回の旅の目的は、ずばり「紅葉狩り」。
と言いつつも、土壇場で予約を入れることができた北軽井沢のペンションから
比較的近いところで紅葉が見頃なところ、っていう条件つきだけれども。

そんなわけで群馬県にある吾妻渓谷に出かけることにした。
f0109601_21334328.jpg

実はこの吾妻渓谷は、例年ならば今頃が紅葉の見頃なはずなんだけれど
今年は見頃が遅れていることを事前にネットでも検索済み。
ところが、まだ紅葉の見頃ではないにも関わらず、
2年後にはダム湖の底に沈む渓谷ということもあって、人出はかなり多かった。
f0109601_2134131.jpg

渓谷の遊歩道を歩くこはずき家一行。
青空と深い緑のコントラストが気持ち良く感じるんだけど、紅葉はどこ?
f0109601_2134167.jpg

インターネットの紅葉情報の通り、もみじの葉はまだまだ青葉。
f0109601_21342525.jpg

え?青葉をわざわざ見にこれだけの人が集まってくるの?なんて思っていると
やはり所々で色づいている木々が見えてきた。
f0109601_21343317.jpg

紅葉のピークはまだまだこれからのようだけれど
事前に得た情報では「青葉」という表現だった吾妻渓谷でも、紅葉を拝むことができた。
f0109601_21344229.jpg

吾妻渓谷の遊歩道を歩き終えて、県道から覗く渓谷を覗き込むと意外と高低差がある。
遊歩道から望む渓谷と一歩ひいた所から望む渓谷とでは、
意外と一歩ひいた所から望んだほうが、その雄大さを感じることができたのはちょっと皮肉にも感じた。
f0109601_213455100.jpg

橋の欄干から首を出して渓谷を望むあずき。
普段、散歩中に橋の欄干から首を出すことの多い小春が、今回ばかりは覗こうとはしなかった。
f0109601_2135514.jpg

宿のチェックインまでまだ時間がある。
吾妻渓谷から六合(くに)村を経由して草津までドライブ。
途中、こはずき家一同揃ってハイ、ポーズ。
f0109601_22261872.jpg

夕方前に今回の旅でお世話になるペンション「ラ・ヴェルドゥーラ」に到着。
f0109601_22263947.jpg

館内は1階にあるダイニングが吹き抜けになっているところがちょっと特徴的。
f0109601_2227050.jpg

夜6時からの夕食は、肉や魚料理よりも野菜がかなり主体性を持っている。
奇しくも先月行なわれたこあ兄の健康診断の結果、
コレステロール値を指摘されていたため、ちょうど良かったのだろうけれど
10年前のこあ兄だったら、ちょっと物足りなかったかな。
f0109601_22271461.jpg

今日は渓谷の遊歩道を歩いて、小春もあずきもみんなお疲れモード。
今日は早めに休んで明日もう一度、紅葉狩りにチャレンジしてみよう。
[PR]
by shibakoharu | 2008-11-02 21:30 | 軽井沢旅行

土壇場で

実は昨日30日の朝、一瞬目を離している隙に再びカサブタを剥がしてしまったあずき。
“一瞬目を離した隙に”何らかの事故に巻き込まれるっていう話しをニュースなどで
聞くことがあるけれど、なるほどこういうことなのかと訳もなく納得してしまう今日この頃。

どうやら当分、エリザベスカラーは外せそうもないな。
f0109601_7431850.jpg

ところでこの週末、特別お出かけの予定を立てていなかったこはずき家。
今週末の連休は軒並み好天の恵まれそうなので、急遽今日になって旅行を計画してみた。
当然の如くどこの宿もこのタイミングでは「満室」ばかりだったけれど
探せば「空室残りわずか」の宿もチラホラ。そこで1軒ネットで予約をしてみたら、ギリギリで予約が取れた。
f0109601_743327.jpg

現在あずきの頭頂部の状況が状況なので、今回の旅行ではドッグランなどには行かない予定。
久々に“人間主体”の旅行になりそうだけれど、果たしてうまいこと紅葉などに巡り合うことはできるだろうか。
[PR]
by shibakoharu | 2008-10-31 23:42 | 犬トーク

伊豆高原旅行記 最終日

今日は伊豆高原旅行の最終日。
と言いつつも、昨日の午後から降り続く雨が止む気配も見せず、
今日は何処へも遊びに出かけずに、チェックアウトしたら一路帰路に向かうことに。

こはずき家は今まで“雨の中でのお出かけ”というのがほとんど無かったので
そういう観点で言うと今回の旅行はイマイチだったかも知れない。
f0109601_220345.jpgf0109601_2204915.jpg
















ただ今回の旅行では、たまたま同宿した他のわんちゃんに比べ
小春もあずきも終始“良い子”にしてくれたこと、
そして人は客室露天風呂を堪能できたという点で、今までには無かった充実感を味わえることができた。
f0109601_2212036.jpgf0109601_2214230.jpg
















実はこのペンションの「客室露天風呂」という設備が、わんこには安心材料なのかも知れない。
他のペンションなどでは飼い主が貸切風呂に入っている間、犬は脱衣所で待っているっていうのがあるけれど
「客室露天風呂」だと、そこそこ慣れた環境=宿泊する部屋に居ながら
飼い主がお風呂に入っているのが見えるというのが安心するんじゃないかな、って考えてしまった。

朝9時ちょうどにチェックアウトして、昼の12時には帰宅できる距離っていうのも魅力のひとつだし。
よし、今度は誰かわんこ友達を誘って再びここのペンションに泊まりに行こう。
どなたか、こはずき家と一緒にお泊りで遊びに行きませんか。(笑)
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-25 23:20 | 伊豆・箱根旅行

伊豆高原旅行記 二日目

旅行二日目。朝5時半くらいに目が覚めた。
今日はこあ兄とこあ姉の結婚記念日でもある。去年の今頃は太郎の里親さん探しでそれどころではなかったっけ。
天気予報では今日は天気が悪くなると話していたけれど、
窓を開けて空模様を眺めると、雲は多めだけれど清々しい青空が広がっていた。
昨日、夕方と夜半に合計二回入った露天風呂に、朝から首まで浸かってみた。
f0109601_0515189.jpgf0109601_052892.jpg





















朝の天気予報を見ても、午後からの悪天候の予報は変わらなかった。
今日の遊びは午前中勝負だと意気込んで、「伊豆高原ドッグフォレスト/いぬともドッグフィールド」に出かける。
f0109601_0523616.jpgf0109601_0524884.jpg
















ここ「いぬともドッグフィールド」のドッグランは、そのほとんどが砂地。
こあ兄達が空模様を心配するのをよそ目に、逃げるあずきに追う小春。
f0109601_0545555.jpg

気づくといつの間にか、追う側と逃げる側が入れ替わっている。
“有料”のドッグランに来て、これだけ走ってくれたらこあ兄達も文句は無いよ!
f0109601_05594.jpg

そう言えば最近、城北中央公園のドッグランでこんなに走るふたりをあまり見なかったかもな。
f0109601_056245.jpgf0109601_0561544.jpg
















他にもわんちゃんが遊びに来ているというのに、やっぱりふたり仲良いんだね。
f0109601_0565537.jpg

お決まりの、小春姉ちゃんの首元を甘噛みするあずき。
f0109601_057624.jpg

小春とあずきを抱っこしてこはずき家一同、記念撮影の図。はい、小春もあずきも笑顔でよく撮れました~。
f0109601_058085.jpg

思っていたよりも天候の下り方が遅く、思う存分ドッグランで遊べた小春とあずき。
ドッグフォレスト内にある噴水の前で写真を撮ることもできた。
f0109601_0581271.jpg

今日のランチは、このドッグフォレストから車で数分の所に位置する「Kenny's House Cafe」にて。
f0109601_103335.jpg

店頭の看板にもあるように、犬連れ人は中庭のテラス席に通される。
空模様が気になるけれど、中庭には大きなパラソルが広がっていてとりあえずは心配無し、ってところかな。
f0109601_104481.jpgf0109601_105590.jpg
















こあ兄は欧風のカレーランチ、こあ姉はビーフシチューを注文。
食事を終えて、さて店を出ようかと思った昼の2時過ぎになって、空からぽつりぽつりと雨粒が降ってきた。
f0109601_112426.jpgf0109601_113757.jpg
















2時半頃「アニマーレ プレミアム」に戻るとオーナーさんが出てきて、
連泊していることもあって、チェックインの昼の3時前に部屋に入れさせてもらった。
部屋に戻ると記憶でも失ったかのように爆睡する小春とあずき。この寝顔がまたたまらない。
f0109601_1353464.jpgf0109601_1354761.jpg
















今日の夕食のメニュー。鴨のローストのサラダと、ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)。
f0109601_1364246.jpgf0109601_1365593.jpg
















金目鯛の煮付け。その他、メインの前にシャーベットが出てきたけれど写真を撮り忘れてしまった。
f0109601_137943.jpg

メインのイベリコ豚のステーキ、そして山桃、レアチーズケーキ、エスプレッソのアイスの組み合わせ。
昨日食べた和牛のステーキも美味しかったけれど、このイベリコ豚の味は格別だった!
f0109601_1372176.jpgf0109601_1373340.jpg
















宿に戻って来てから夕方に一回、そして夜9時過ぎにも一回露天風呂に浸かった。
お酒も飲んで気持ちよくベッドに潜り込んでウトウトし始めていると、何かがポタポタと垂れる音がする。
一瞬、小春かあずきがおしっこでも漏らしたのか?と思ったが事態はそんなものではなかった。
むしろ犬がおしっこを漏らすくらいのほうが何倍も良かったことだろう。
よくよく音の出所を見上げると、天井から水が落ちてきているではないか!
最初は雨漏りか?と思ったけれど、実は階上の部屋の露天風呂が溢れるトラブルが発生。
そのため急遽夜11時過ぎになって、空いている別の部屋に移動することになった。

トラブルの原因について詳細はわからないけれど、どうも階上の部屋に泊まっていた飼い主さんが
連れて来ていたコーギーちゃんをお風呂に入れて、その抜け毛が排水溝を塞いだことが一因のようでもあるとのこと。
今回の旅行は水(温泉)を楽しんで、水(雨)に文字通り水を差され、そして水(温泉)のトラブルにも見舞われる事態となった。

さて明日は旅行の最終日だけれど、この水のトラブルから逃げることにしよう。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-24 23:48 | 伊豆・箱根旅行

伊豆高原旅行記 一日目

今日から二泊三日で伊豆高原へお泊り旅行。
小春とあずきにとって、伊豆という地は初めて行くエリアとなる。
伊豆まで道のりは決して近くはないので
車酔いがまだまだ心配なあずきのためにも、有料道路を優先して行くことにした。

まずは箱根ターンパイク(現:TOYO TIRES ターンパイク)を経由して、伊豆へ向かうこはずき家一行。
f0109601_2319104.jpgf0109601_23191931.jpg
















ターンパイクを抜けて、次なる伊豆スカイラインを抜けて行く。
週末はあまり天気が良さそうではないけれど、今日は好天に恵まれ小春もあずきもご機嫌!
f0109601_23193231.jpgf0109601_23194023.jpg




















お昼ちょうどに伊豆高原に到着。
今日のランチはイタリアン・レストランの「IL COVO (イル・コーヴォ)」にて。
店は閑静な場所に位置して地味な外観をしている反面、店内は洒落た雰囲気に包まれていた。
前菜の「黒むつのサラダ」と、こあ兄はカルボナーラ、こあ姉はアラビアータを注文した。
f0109601_2320126.jpgf0109601_232099.jpg
















昼食を済ませた後、レストランから車で数分の所に位置する大室山へと向かう。
大室山へは、小春達がまだ生まれる前の2003年5月に遊びに行って以来となる。
f0109601_23211634.jpgf0109601_23212862.jpg
















ペアリフトに乗るとすぐにカメラマンに記念撮影を受けることに。その出来というのがこんな感じ。
f0109601_23244360.jpg

リフトで大室山を上る小春とあずき。
対抗する下りのリフトを眺める余裕のあるあずきに対し、必死にこあ兄につかまる小春はかなりの緊張気味?
f0109601_23251064.jpgf0109601_23252771.jpg





















大室山の山頂に登頂。天気も気分も最高!
f0109601_23272651.jpg

山頂の芝の上で暫しのリラックス・タイム。山頂には20~30分で一周できる遊歩道がある。
f0109601_23274999.jpgf0109601_23275961.jpg
















遊歩道を周遊した後、さっき上ってきたリフトに乗って今度は下る小春とあずき。
上りに比べて下りは高さを実感する分、スリル満点!
f0109601_23282873.jpgf0109601_2328392.jpg
















上りの時よりも、更に緊張感の増す小春。顔にあたる風が気持ち良いだろ~?
f0109601_23291475.jpg

リフトを降りると、大室山の麓に位置するドッグラン「ドッグヤード」に向かうこはずき家。
f0109601_23293214.jpgf0109601_23294166.jpg
















自由のきかないリフトの上から開放されて、緑のドッグランにホッとしたのか笑顔がこぼれる小春!
f0109601_23305273.jpg

昼間だというのに平日のせいか、天気が良いというのにランを貸切状態で遊べた小春とあずき。
f0109601_2331191.jpg

ドッグランでひとしきり遊んだ後、今日からお世話になる宿へと向かう。
このプチホテル「アニマーレ プレミアム」は、昨年2007年8月にオープンしたペンション。f0109601_23313482.jpgf0109601_23314658.jpg





















ここのペンションの最大のポイントは、何と言っても各客室に設けられている「客室露天風呂」。
露天風呂は檜(ひのき)、岩、信楽焼の陶器の三種類があって、こはずき家の泊まる部屋には陶器の露天風呂が。

露天風呂からの眺めを誰よりも先にチェックする小春。こういうところはなかなかふてぶてしい。
f0109601_2332695.jpgf0109601_23321557.jpg
















かすんでいなければ相模湾の先に大島を臨むこともできるようだけれど
この日は残念ながら綺麗な海を眺めることはできず。
f0109601_23341970.jpgf0109601_23342929.jpg
















夕方6時を迎えると、旅の楽しみのひとつ。宿の夕食。
まずはここに来て伊豆高原ビールとベタな注文をするこあ兄。こあ姉は赤ワインを注文。
f0109601_0295638.jpgf0109601_0301231.jpg





















今夜のメニューは、生ハムとサーモンのサラダと、ミネストローネ。
f0109601_23345581.jpgf0109601_2335550.jpg
















金目鯛の香草焼きと、マンゴーの冷製スープ。
f0109601_23351611.jpgf0109601_23352591.jpg
















メインの和牛のステーキと、豆乳のパンナコッタ黒蜜かけ、チョコレートのケーキ、カシスのアイスの組み合わせ。
f0109601_23353499.jpgf0109601_23354525.jpg
















どうも明日は午後から天気が下り坂だという。
せっかくの旅行だけれど、明日はどうやら午前中が勝負のようだね。
[PR]
by shibakoharu | 2008-05-23 23:18 | 伊豆・箱根旅行

天気のまぁ良いこと!

おとといの夜はなかなか寝付けない夜を過ごしたけれど
ゆうべは遊び疲れたせいもあって夜8時半に就寝。
すっかり寝不足も解消した今日は旅行最終日。

朝食を済ませて、9時過ぎには三日間お世話になった「南季の灯」をチェックアウト。
宿から車で15分程度の所にある「軽井沢スカイパーク」へ、昨日に引き続き入場。
今回の旅行は三日間とも、これ以上無いくらいに晴天に恵まれた。
f0109601_23484255.jpg

今日も元気な小春とあずき。
f0109601_23513851.jpg

いででで!
f0109601_2352529.jpg

歯の剥き方は小春姉ちゃん譲り?
f0109601_23521584.jpg

スカイパークで遊ぶのをそこそこに、お昼前には南軽井沢へ移動。
雑誌に出ていた、ワンちゃんと一緒に入れるレストラン「あむーる」に到着。
周辺の街並みやお店の風貌からして、かなりひなびた様子・・・・。
f0109601_235258100.jpg

お店に入るとあたり一面、犬、犬、犬・・・・。本棚には今までお店に
やってきたお客さんの写真が収められたアルバムの数々・・・・。
その中に、この三日間お世話になったペンション「南季の灯」の
ご主人夫妻の写真を偶然見つけることができた。
f0109601_23531381.jpg

こあ姉が頼んだのが、写真奥の「しょうが焼き定食」、
こあ兄が頼んだのが、写真手前の「ハンバーグ付スパゲティ」!(笑)
f0109601_23533016.jpg

お店を出てから、家族みんな揃って「はい、チ~ズ!」。
f0109601_23534391.jpg

前回、日帰りで軽井沢に行った時は、行きも帰りも渋滞に巻き込まれたけれど
今回は昼過ぎの1時半に軽井沢を出発。道中、渋滞らしい渋滞に
巻き込まれることなく3時半ちょっと前には自宅に到着。
f0109601_235354100.jpg

旅の初日はちょっと不慣れの感もあったあずきだけれど
この三日間、車酔いも全くせずに随分と成長の片鱗を見せてくれた。

この三日間天候にも恵まれ、ケガや病気などのトラブルにも見舞われず
楽しいひと時を過ごせて小春もあずきも良かったね。
[PR]
by shibakoharu | 2007-11-04 23:30 | 軽井沢旅行
あずきにとって生まれて初めてのお泊り旅行。そこで不安が的中。
慣れない環境に戸惑ったのか、隣の部屋や廊下の物音にやたらと神経質になり、
物音がする度に「ボフッ、ボフッ」と唸るあずき。
それに呼応するかのように小春まで唸りだす始末。
吠え出すまでには至らなかったものの、飼い主のこちらまで
他の宿泊客に迷惑を掛けぬよう神経質になった結果、寝不足な夜を過ごすことになった。

そんな寝不足な夜を過ごしたこあ兄達を救ったのが、
北軽井沢の清々しい朝の空気だった。
f0109601_22504997.jpg

今まで旅の朝食と言えば、洋食が多かったこはずき家だったけれど
お昼ご飯と晩ご飯が洋食になりがちなので、今回の旅では和食を選んだ。
f0109601_2251715.jpg

昨日も天気には恵まれたけれど、今日は陽気も暖か。
午前中、浅間山鬼押出しの自然遊歩道を散策すると、
ほんのり額から汗をかくくらいに暖かだった。
f0109601_22515398.jpg

今日のお昼ご飯はカフェベーカリー「かんぱーにゅ」でテイクアウト。
残念ながら写真は無いけれど、ここの手作りサンドイッチとハンバーガーは無茶ウマい!
f0109601_22521599.jpg

お昼になって前回9月にも来た「軽井沢スカイパーク」に入場。
普段はあまり走りたがらない小春もあずきと一緒によく走る。
f0109601_22524981.jpg

お姉ちゃんだって、所変われば走るんだよ!
f0109601_2253345.jpg

あずきの顔が笑ってる~。
f0109601_22531323.jpg

夕方ペンションに戻り、旅の楽しみのひとつの宿の食事。
昨日の食事も美味しかったけれど、今晩の夕食の豚肉のローストも美味しかった!
f0109601_22534189.jpg

部屋に戻ると一気にスリープモード。
f0109601_2254238.jpg

昨日は小春もあずきも慣れない環境に、少なからず緊張したようだけれど
環境への慣れと、遊び疲れが相まって今日はよく休んでくれそうだ。
f0109601_22541451.jpg

明日は旅の最終日だけれど、またスカイパークで遊ぼうね。
[PR]
by shibakoharu | 2007-11-03 20:20 | 軽井沢旅行
今日から二泊三日で軽井沢へお泊まり旅行。
小春は既に数回ペンションなどに泊まった経験があるけれど、
あずきにとって今回が生まれて初めてのお泊まり旅行。どうなることやら?

お昼頃、軽井沢に到着。
まずは腹ごしらえということで、「アトリエ・ド・フロマージュ」に入店。
わんこ連れはテラス席のみっていうのはわかるんだけれど、
テラスに入るのに飼い主の一人が店の外側から、テラス側にいるもう一人の飼い主に
わんこを抱き上げて渡さなければいけないっていうのが正直ナンセンスに思った。
f0109601_21435928.jpg

お店の看板メニューである「クアトロフォルマッジ」や
「たまごと一緒に焼きチーズカレー」も当然美味しかったけれど
「地鶏のスモークときのこのサラダ」がとっても美味しく感じた。
f0109601_21441513.jpg

お昼ご飯を終えて、宿泊先となるペンションに向かう途中、
白糸ハイランドウェイの道すがら「白糸の滝」に立ち寄ってみた。
富士にある白糸の滝に比べると、ちょっとショボい感が無くもない・・・・。
f0109601_21443078.jpg

休日は人混みでごった返す旧軽井沢地区が比較的空いていたので
ここ白糸の滝も空いているかと思いきや、観光バスに乗ってやってきた
年配のおっさん&おばさんがけっこう滝の周辺に群がっていた。
酒臭い60歳超のおばさんに「柴犬はやっぱ可愛いわね~(笑)」と言われ
いきなり撫でられた小春が唸らなかったのはせめてもの救いか。
f0109601_21445441.jpg

チェックイン時間にはまだ早い、午後3時ちょっと前に宿泊するペンションに到着。
今回の宿泊先となるペンション「南季の灯(なぎのひ)」のドッグランに早速入場。
f0109601_21463273.jpg

ドッグランに入るや否や、長旅の鬱憤(うっぷん)を晴らすが如く
所狭しと駆け回る小春とあずき。勢い余ってラン内の小川にも落っこちた!
f0109601_2146423.jpg

ドッグランに置いてあったおもちゃを取り合う小春とあずき。
楽しそうに遊ぶふたりを見ていて、遥々北軽井沢まで来た甲斐があった。
f0109601_21465448.jpg

旅行の初日となる今日は、基本的に移動のみに終始した小春とあずき。
明日からは、もう少し軽井沢の自然を満喫しような。
[PR]
by shibakoharu | 2007-11-02 21:30 | 軽井沢旅行